冬の銀座に有名プロが集結 深堀&横田の即席アドバイスとは?

冬の銀座に有名プロが集結 深堀&横田の即席アドバイスとは?

昨年10月にオープンしたPGMゴルフアカデミー銀座には多くの有名プロが来場している。オフシーズンとなる冬はプロにとっても自由な時間が多く、イベントなどに出席することも多い。


昨年の暮れからこのアカデミーでは、イ・ボミ(韓国)、丸山茂樹、渡邉彩香、稲森佑貴、上田桃子、有村智恵、笠りつ子、木戸愛ら、国内外のトップ選手がイベントやレッスン会を実施している。先週末、そこに深堀圭一郎と横田真一が来場し、アマチュアゴルファーへのレッスン会とシミュレーションゴルフでの対戦を行った。

レッスン会では、ショットとショートゲームに分かれて2人のプロがレッスン。室内ではあるものの、最新のシミュレーターを使うなど、先進的なレッスンは好評を博した。そんな2人の教えのなかで、あることが共通していた。

本来ならゴルフレッスンというのは、長時間をかけてスイング作りを行っていくものだが、即席のレッスン会ということもあって、意識すべき重要なこととして2人が挙げたのは、「バックスイングとフォロースルーの幅は等しい」ことと、「スイング中のリズムは一定」ということだ。

これはショットにもショートゲームにも共通する部分。「バックスイングでゆっくり大きくクラブを上げても、下ろすときは急いでクラブを下ろしてくるアマチュアが多い」と横田は指摘する。クラブの持つ機能やスイング中のヘッドの動きなどを教えつつ、最も基本的なことにレッスンは終始した。

「どこまでクラブを上げて、どの振り幅で振ればどれくらい球が飛ぶか知らないゴルファーが多い」と深堀は指摘する。アプローチでの振り幅ごとの距離を決めて、基準の距離を決めていないゴルファーは意外と多い。打ち方もそうだが、考え方や簡単な決めごと1つでスコアが大きく変わることをあらためて知ったゴルファーも多かったのではないか。

1回限りのレッスンで、トッププロが何を教えるか興味津々だったわけだが、今回はゴルフを27年やっている筆者にとっても、基本に立ち返るいい機会になった。

同アカデミーでは、PGMがサポートする女子プロによるプライベートレッスンなども受けることができ、寒さを感じることなく、じっくりと基本を繰り返すいい場といってもよさそうだ。銀座の一等地で、ゴルフ上達に励むことが、今後のはやりになっていくかもしれない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索