パーオン率1位でバーディチャンス量産 地元のアイルランドがローリーの勝利に熱狂【勝者のギア】

パーオン率1位でバーディチャンス量産 地元のアイルランドがローリーの勝利に熱狂【勝者のギア】

<全英オープン 最終日◇21日◇ロイヤルポートラッシュGC(北アイルランド)◇7344ヤード・パー71>

北アイルランドで68年ぶりに行われた記念すべき大会で、アイルランドのシェーン・ローリーが海外メジャー初制覇を果たした。


3日目終了時点で2位のトミー・フリートウッド(イングランド)に4打差をつけて最終日に入ったが、出だしから暗雲が立ちこめた。1番のティショットは左ラフへ、そこからのセカンドはグリーン左手前の深いバンカーにつかまると、これを寄せきれずにボギー発進とした。

最悪のスタートとなったが、後続も難コンディションにスコアを落としていく。ローリー自身も中盤にスコアを落としたが、最後まで後続にスキを与えず、ビッグタイトルを手にした。

ローリーは今大会3日間を通してパーオン率1位。72ホール中57ホールでグリーンをとらえ、見事にチャンスをつくった。巨漢のローリーだが、流れるようなスイングで切れ味鋭いアイアンショットを放ち、ライバル達にプレッシャーをかけ続けた。

最終日の初バーディは難ホールの4番パー4。雨風が強まる中で見せたセカンドはピン手前2メートルにピタリ。その後はボギーもかさんだが、15番で再び魅せた。パー4のセカンドで今度はピン左2.5メートルにつけると、これを沈めて力強くコブシを握った。

迫るフリートウッドを振り切る抜群のアイアンショットで、この時点で6打差。勝負を決めたスーパーショットだった。

「次の目標は、来年のライダーカップに出ること」と、欧州代表として、米国代表との戦いをすでに視野に入れている。今季メジャーはここまでの3戦が米国勢の勝利。37年ぶりの“米国スラム”を阻止したローリー。今後も抜群のアイアンショットで勝利を重ねることになりそうだ。

【シェーン・ローリーのクラブセッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:スリクソンZ 585(9.5度、三菱ケミカル ディアマナD+ 70 X、45.25インチ)
3W:テーラーメイドM4(15度、グラファイトデザイン Tour AD DI-8 X)
UT:スリクソンZ U85(2U:18度、3U:20度)
4、5I:スリクソン Z 575(4I:23度、 5I:26度)
6I〜PW:スリクソン Z 785
W:クリーブランド RTX 4 (51度、58度)
PT:オデッセイ ストロークラボ EXO 2-BALL
B:スリクソンZ-STAR XV

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索