ジャンボ尾崎は18H完走 46年前の栄光に「素晴らしい顔をしてるよね」

ジャンボ尾崎は18H完走 46年前の栄光に「素晴らしい顔をしてるよね」

<ANAオープンゴルフトーナメント 初日◇12日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)◇7063ヤード・パー72>

大会7勝の歴史は、さかのぼること46年。ジャンボこと尾崎将司が初めて本大会を制したのは、第1回大会の1973年のことだった。今年も輪厚に登場したレジェンドは、多くのファンを引き連れてティオフ。「81」の9オーバーとなったが、2つのバーディを奪って18ホールを完走した。


会場には、歴代優勝者のパネルが飾られている。大会初優勝時のジャンボの写真も立てられており、「第1回目の写真なんて、すばらしい顔をしているよね。あんな顔していたんだな」。第1回大会から連覇を果たし、2002年に直近では最後となる優勝を挙げたのも輪厚と、本大会の歴史はジャンボなしでは語れない。「これだけ長くやっていればね。自分がやれると思う限りは、全日空は出たいよね」と、ジャンボにとっても思い入れの深い大会だ。

昨年は北海道地震の影響で大会が中止に。今年は週の初めに台風が日本列島を襲い、「今回うちの方も、台風の被害で昨日まで作業をしていた。だから練習不足。でも、こうやって再開してくれるんだからありがたいよね」と開催を喜んだ。

今季はこれが4試合目のツアー出場となるが、そのうち2試合を棄権。明日のことを聞かれると、「本当にね。頑張ってやりたいね」と豪快に笑う。ホールアウト後も多くのファンがサイン待ちの列にならんでいた。多くのファンが、今もなおレジェンドの活躍を心待ちにしている。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索