ジャンボ尾崎は最下位で輪厚を後に 「不十分なものだらけ」

ジャンボ尾崎は最下位で輪厚を後に 「不十分なものだらけ」

<ANAオープンゴルフトーナメント 2日目◇13日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)◇7063ヤード・パー72>

輪厚で歴史を作り上げてきたジャンボこと尾崎将司が、無念の最下位で輪厚での2日間を終えた。スタートから5ホールはパーを重ね、エージシュートの「72」への兆しも見えかけたが、7ボギーの「79」でフィニッシュ。トータル16オーバー・119位タイで大会を終えた。


今週は台風に見舞われた千葉の自宅の復旧作業もあって、満足に球を打てずに大会入り。「しんどかったよ。途中でやめようと思った」と、大会初優勝を挙げてから46年、今年で72歳となり、体力面でも辛い部分がある。

しかし「中日クラウンズとこことフェニックス、この3つはどうしても出ようと思っている」と強い思いが後押しして、なんとか2日間を回りきった。「不十分なものだらけだ。練習も体力も、ゴルフに向かう気持ちも。スコアまで不十分」。かつて7勝を挙げた大会での悔しい結果に視線を落とし、会場を後にした。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索