今平周吾は首位と1打差・2位タイ 稲森佑貴が首位と3打差

今平周吾は首位と1打差・2位タイ 稲森佑貴が首位と3打差

<シンハン・ドンヘ・オープン 2日目◇20日◇ベアズ・ベスト・チェオンナGC(韓国・仁川)◇7238ヤード・パー71>

日本、韓国、アジアの3ツアー共催大会の2日目が終了。2日目に「67」をマークしたスコット・ビンセント(ジンバブエ)がトータル8アンダー・単独首位に立った。


首位タイ発進を決めた今平周吾は、3バーディ・2ボギーの「70」でホールアウトしてトータル6アンダー・2位タイ。同じく首位と2打差・2位タイにはポール・ピーターソン(米国)、ジェイブ・クルーガー(南アフリカ)、イ・ヒョンジュン(韓国)が並んだ。首位と3打差・6位タイには稲森佑貴、チャン・キムら4人が続く。

その他では、「ANAオープン」で今季2勝目を挙げた浅地洋佑と、星野陸也がともにトータル1アンダー・29位タイ。国内賞金ランク3位のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)はトータル3アンダー・18位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索