16年前の面影をZOZOでも魅せてほしかった…【カメラマンの景色】

16年前の面影をZOZOでも魅せてほしかった…【カメラマンの景色】

毎週、ゴルフツアー会場で選手たちを撮影し続けるプロカメラマン。インサイドロープでプロゴルファーの凄みや熱気を感じ、ときおり会話のやりとりを見聞きするなど、“試合中の選手たちに最も近いメディア”であるツアーカメラマンが見た印象的な景色を紹介する。【ブリヂストンオープン編】


本大会の上位3人に与えられる、「ZOZO Championship」への出場権。まず優勝した今平周吾が決定し、2位タイに4人が並び、賞金ランキング順で対象選手が決定。同30位の貞方章男は4番手となり、米ツアー出場のチャンスは降りてこなかった。

「もともと米ツアーでやっていた選手だし、もう1回出て欲しかったなと思います」と、村上航カメラマンが選んだのはトラブルショット直後の一瞬。「右に曲げて、そこからフェアウェイを狙ってものすごいスライスをかけていました。結局花道でしたが、その後のアプローチがピンに直撃。米ツアーでやっていた今田竜二選手もそうですが、こういうプレーは見ていて面白いし、魅せる感じがすごいですよね」。

14歳で渡米してゴルフアカデミーに入学し、ジュニア時代は学生ゴルフの優秀選手「オールアメリカン」にも選出された。そこからQTを経て2003年から米ツアーに本格参戦したが、シード獲得は果たせず08年から日本ツアーに参戦している。「今年は調子もいいようですし、ZOZO Championshipに出られないのが残念です」と、このワンシーンは米国での姿を彷彿とさせるものがあった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る