マスターズ出場権を逃した金谷拓実 まずは日本のマスターズでベストを尽くし優勝狙う

マスターズ出場権を逃した金谷拓実 まずは日本のマスターズでベストを尽くし優勝狙う

<三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇13日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262ヤード・パー70>

東北福祉大3年の金谷拓実は、現在世界アマチュアランキング1位。今年の春には母校の先輩・松山英樹に次ぎ、日本人アマチュアとしては二人目の「マスターズ」出場も果たし予選通過して58位タイに入った。先日の「アジア・パシフィックアマチュア選手権」では2連覇を狙ったもののプレーオフで敗れ優勝ならず。来年のマスターズ行きは叶わなかったが、今週の日本の“マスターズ”へは自身2回目の出場を果たす。


「自分のベストを出し切ることが大事かなと思います。周りにいい選手がたくさんいるけど、自分のプレーを出し切って、結果にあらわれればいい。目標はもちろん優勝ですけど、自分の力を出し切らないと結果はついてこないのでベストを尽くしたいと思う」

金谷は現在、飛距離アップを目指しており、体の動きの効率化で飛距離アップは可能と考え、大学のトレーナーと相談しながら日々トレーニングを続けている。それも今年はマスターズ、「全英オープン」という大舞台を経験し、世界のトッププロたちが戦う場所で通用する飛距離を得たい、という今後を見据えた思いもあるはずだ。

14日から開幕する「三井住友VISA太平洋マスターズ」では、堀川未来夢、池田勇太といった注目選手と同組で予選ラウンドを回る。松山英樹が2011年、アマチュア時代に制した今大会を、今度は世界アマチュア王者・金谷が狙う。(文・大泉英子)

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る