<SMBCシンガポールオープン 初日◇16日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71>

国内男子ツアーの2020年開幕戦、日亜共同主管「SMBCシンガポールオープン」が、きょう16日に初日を迎えた。


昨季国内ツアー3勝の石川遼は、この大会で新シーズンをスタートさせる。予選ラウンドで16年リオ五輪金メダルのジャスティン・ローズ(イングランド)、昨年覇者のジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)との組に入った石川は、402ヤードの10番パー4をパーで発進した。

昨年、2年連続となる国内ツアー賞金王に輝いた今平周吾は欠場。昨季1勝の池田勇太、同2勝の浅地洋佑や、谷原秀人、宮里優作と海外経験が豊富な日本選手も名を連ねている。今後、続々と選手がコースに出ていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>