<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 事前情報◇12日◇ロイヤルアデレードGC(オーストラリア)◇6689ヤード・パー73>

昨年プロテストに合格した“プラチナ世代”が、テストで苦楽をともにした同期よりも一足先に一歩目を踏み出す。13日に開幕する米女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」で吉田優利がプロとしてデビューする。


18年に「日本女子アマ」と「日本ジュニア」を優勝、19年には予選会を勝ち抜いて「全米女子オープン」に出場するなど経験豊富な19歳が、プロとしての最初の戦いとして選んだのは、思い出深い場所だった。

米ツアーデビュー戦となった18年大会で34位タイに入りローアマを獲得。コースとして見れば「ゴルフ・サウスオーストラリア・アマチュア・クラッシック」で2位に入った舞台でもある。「その時と距離やコンディションは違いますけど、他の人よりはまわっている感じがあって、緊張はしますけど、ワクワクしますね」と居心地の良さを感じながらティオフを迎えられそうだ。

「ここはチャンスホールとなるパー5と耐えるパー4のメリハリが多くあって、そこで守ったり、攻めたりしないとスコアがどんどん崩れていくイメージがあります」と攻め方も分かっている。「グリーンまわりのアプローチはウェッジだけでは対応しきれないので、ハイブリッドやパターを駆使して寄せていければいいと思います」と我慢の展開となったときの備えもできている。

今大会にはナショナルチーム時代のコーチであるガレス・ジョーンズ氏も来場。「この試合に出ることになった時にすぐに連絡して、その週が空いていると言っていたので来てもらった感じです」とデビューを前に心強い味方も駆けつけてくれた。

「まだ実感はわかないですけど、自分がプロになれたことはうれしいですし、やっとスタートラインに立てたなと思います。『プロ』を意識し過ぎずに普段通りプレー出来たらといいなと思います」と自然体を強調した吉田。山口すず夏、古江彩佳に続く3人目のプラチナがいよいよベールを脱ぐ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>