<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 初日◇13日◇ロイヤルアデレードGC(オーストラリア)◇6648ヤード・パー72>

米国女子ツアーのオーストラリア連戦の2試合目は、現在初日の競技が進行中。8人が出場する日本勢も、順次ラウンドに臨んでいる。


同組で回り注目を集める河本結と原英莉花は、前半の競技を終了した。米ツアー本格参戦後3試合目の河本は、スタートの10番でバーディを奪ったものの、16番パー3のダブルボギーでスコアをロス。17番で再びバーディを奪うも、18番をボギーとし、1オーバーで折り返した。

原は12番から3連続ボギー。15番で初バーディを奪うも、続く16番もボギー、18番でバーディと出入りの激しいゴルフが続き2オーバーで巻き返しを図るバックナインに入った。ともに後半の1番でバーディを奪い、ここからの活躍に期待がかかる。

この日の全体トップスタートとなった上原彩子は、2アンダー・18位タイの状態でホールアウトした。同じ組で回った山口すず夏は10オーバーと苦しい一日になった。野村敏京は2オーバーで現在プレー中。昨年のプロテスト合格者・笹生優花は1オーバーにつけている。横峯さくらと、ルーキーの吉田優利は午後組でスタートする。

現在のトップは6アンダーでイ・ジョンウン6(韓国)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>