トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が
多い現場記者。選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)こぼれ話をお届けしてきた“きょうのパンチショット”。その中でも人気をあつめたエピソードをご紹介。今回は第15位をご紹介。


8月の「ニトリレディス」前週は試合に出場せず地元の岡山でゆっくり過ごした渋野日向子。夕食を食べに行く以外は家でゴロゴロしていたそうで、「ずっと寝ていました(笑)。ニートになりたい! って思いましたもん(笑)」と、リフレッシュできた様子だった。

この休みのタイミングを使って、ようやく録画していた「全英AIG女子オープン」の映像を見ることができたそう。「途中寝てましたけど」と、うとうとしながらも自分が優勝した姿を改めて見返した。

「自分として見られなかったですね。最後のバーディとか見ていて、“やべーな、この人!”って。(最終日にダボとなった)4パットもやべーなって思いましたけど(笑)」。

世界中を魅了した自身の姿を見返して苦笑いを漏らしたが、休憩をはさんで挑んだニトリレディスでは5位タイと活躍。日本のファンの前でも、しっかりと輝く姿を披露してくれた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>