宮崎で合宿していた上田桃子のキャディバッグには、うどんの生地を伸ばす「めん棒」のような長い棒が2本入っていた。これっていったいどうやって使うの?


上田は練習場に着くと、「めん棒」を飛球線と平行に2本並べる。その間隔はクラブヘッドの幅よりも少し広いくらい。そして上田は棒と棒の間をウェッジで素振りし始めた。棒は太く間隔が狭いのでコン、コンと3回に1度くらいヘッドが棒に当たる。その度にまた平行に棒を並べ直す。素振りが終わると今度はボールを置いて打つ。棒にヘッドが当たってズレると、悔しそうな顔をして元に戻す。合宿中の朝の打ち始めにも関わらず、一振り一振りに緊張感があった。

この「めん棒」ドリルについて上田に聞くと「真っすぐの回転でアプローチを打つ練習です」。確かにアプローチで回転がよれると、狙い通りのラインにボールを打ち出したとしても、最終的にボールはカップから逸れていく。少しでもヘッドが下から入ったり、カットに入ると棒に当たってしまうのだ。上田が目指す軌道は真っすぐというより「タテ振り」だという。

「自分の体にタテに振る感覚を覚えこませています。タテのイメージができたら良いだけなので、棒の間隔はだいたいですね。タテ振りをベースとして、出球の高さやスピン量をそろえたい。そうすれば、フェースを開いて上げるとか、ロフトを立てて転がすとか、他のアプローチも安定してくると思うんです」

タテ振りのメリットは他にもある。上田のコーチを務める辻村明志氏は、「アプローチはどっちかに軌道に偏りやすい。上田プロはドローヒッターなので、インサイドに上がる癖を持っています。だからヨコ振りをしたくない。ヨコ振りだとボールがフェースに乗る時間は一瞬なので、スピン量は安定しません。タテ振りならフェースに乗る時間が長くなる。ストレートなきれいなスピンで、かつスピン量が安定するんです」という。

上田は夜もホテルの部屋に棒を持ち込んで素振りをしている。これなら我々一般ゴルファーでも真似できそうだ。ただし、上田のように当たっても少しズレるだけならいいが、アベレージゴルファーがやると、棒が飛んでいく危険があるので注意が必要だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>