22日にテレビ朝日系列で放送された「Tポイント×ENEOSゴルフトーナメント特別編」に渋野日向子が生出演。視聴者からの質問に答え、東京六本木のテレビ朝日本社屋外テラスで、東京タワーをバックにパワーアップしたスイングを披露した。


『飛ばすには?』という視聴者からの質問に、「タコをイメージしています」と、しなやかな動きの意識を挙げた。「シャフトのしなりをイメージしています」と、力感よりも柔らかな体使いとクラブ使いが必要と答えた。

オフの合宿で「食べる量も増えて太りました(笑)」と明かした渋野。一回り大きな体となり、「飛距離は伸びていると思います」と成長を実感。しなやかな動きをするためにもっとも大事なのは「上半身に力を入れないことです」と、タコのような脱力感が大きな飛距離を生むと説明した。

「おなかを意識しています」。渋野のしなやかかつダイナミックな動きは、おなかから始まり、決して手でクラブを上げているわけではない。一振りだけだが、ファンに見せるのは“今年初”となるドライバースイングで快音を響かせた。

番組には渋野のほかに上田桃子、木戸愛、菊地絵理香、一ノ瀬優希、森田理香子、大江香織が出演。上田は村口文子と同社アナウンサーとともに司会にも挑戦した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>