2020年の活躍が期待される“若手のホープ”のスイングを、自身も昨年までレギュラーツアーで戦っており、「ほかの選手のスイングを研究することが好き」と語る大江香織が解説。今回は昨年のプロテストに合格したルーキー・西郷真央。


高校2年時から「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」の1期生としてレジェンドの薫陶を受けた西郷は、19年の「日本女子アマチュアゴルフ選手権」で優勝。念願のタイトルをつかむと、同年に年齢制限が下げられ受験資格を得たプロテストに高校3年生で一発合格した。ファイナルQTでも10位に入り、今季の前半戦出場権を獲得するなど“女子高生プロ”として注目を集めるルーキーだ。

プレースタイルは「アイアンすべての番手が得意」と語るショットが売り。正確性だけでなく、高校2年時に6番アイアンで170ヤードを飛ばすなど飛距離も兼ね備える。そんな西郷のスイングを見た大江は「見ているだけで飛びそう。今流行りのGGスイング(※)っぽいですね」と感嘆の声を上げた。

特に注目したのがダウンスイング。「インパクトにかけて左膝を曲げながら外に流していきます。この動きで身体の回転スピードを上げている。インパクトでは体がかなり開ききっています。石川遼選手はGGスイングではないですが、自然とそういう動きをしていますよね」。ただし、諸刃の剣の側面もある。「私も理論を聞いて試してみたのですが、どうしても右肩を突っ込んでしまい、フェースが開いて、右に飛んだりしました。また、パワーのない人がやると力を溜め込めないから、難しいのかなとは思います」。

なぜ、西郷にこの動きは適しているのか。大江はクラブの上げ方に理由があるとみている。

「西郷さんはシャット気味に上げていくから、これが体が開くこととの相性がいいのだと思います。私はクラブを開いて上げるタイプなので合わなかった。体も開くとクラブが開き切っちゃいますから。GGスイングをやっている他のプロをみてもシャットに上げる選手が多いと感じます」

もう1点大江が西郷の良さとして挙げたのがトップからダウンスイングにかけての腕の動き。「トップの位置から、腕を一回下にループじゃないですけど、ちょっと落としながら振っていきますよね。この動きはすごくいいと思います。高いところから下そうとするとどうしてもコックが解けやすいですし、コックが解けるとクラブヘッドが寝てしまう。そうなれば最下点の手前になりすぎてしまいます。それに合わせてヒザの動きとしてはちょっと沈む。セルヒオ・ガルシアもそうなんですけど、こういう動きの方がショットメーカーなのかなって思いますね」。クラブをシャローに入れる工夫も、西郷の良いショットを生み出していると話した。

※GGスイング
アメリカのティーチングプロであるジョージ・ガンカス氏のスイング理論。「日本オープン」で優勝したチャン・キムらが取り入れていることでも知られる。

大江香織(おおえ・かおり)/1990年4月5日生まれ、山形県出身。通算3勝。153cmと小柄ながら体全体を大きく使ったスイングで8年連続シードを保持するなど、息の長い選手として活躍。2019年にツアー撤退を表明、「ツアーを撤退するプロに“大江が生きているから撤退しても大丈夫”と思ってもらえるように、色々活動できたら」と2020年からは新たなかたちでゴルフに携わっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>