26(木)、国内男子ツアーの開幕戦「東建ホームメイトカップ」が中止となることが発表された。4月16日(木)から行われる予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあっての苦渋の決断。大会主催者と日本ゴルフツアー機構(JGTO)はこの日、「更なる拡大防止努力の必要性が唱えられている現状や、愛知県における感染状況の発表 を重く受け止め、開催を中止することにいたしました」とした。


国内男子ツアーでは、今月13日に下部ツアー(AbemaTVツアー)開幕戦の中止が決定。女子も3月5日の開幕を予定していた「ダイキンオーキッドレディス」から5試合連続での中止がすでに決まっている。

米国でも4月9日から開幕する予定だった「マスターズ」などメジャー大会も延期に追い込まれている。さらに24日には東京五輪の1年程度の延期が決まるなど、新型ウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響は、スポーツ界でも日に日に強まるばかりだ。

男子ツアー開幕もそんな流れのなか中止に。第2戦は、4月30日に始まる「中日クラウンズ」が予定されているが、こちらも開催が危ぶまれている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>