27日(金)、4月30日(木)から4日間の日程で愛知県にある名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで開催予定だった「中日クラウンズ」が中止になることが発表された。


開幕戦に続き、第2戦もなくなった。現在、政府の専門家会議が大規模イベントの開催について「引き続き主催者がリスクを判断して慎重な対応が求められる」と勧告。そのうえで開催地の愛知県が全国でも上位の感染者が発生している場所という状況もあり、主催者であるCBCテレビと中日新聞社、競技を主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)が協議した結果、現状での大会開催は安全を確保することが困難と判断し苦渋の決断に至った。

ジャンボこと尾崎将司の3連覇や、石川遼が当時の18ホール世界最少ストロークとなる「58」を達成するなど数多の名勝負を生んできた伝統の一戦も中止に。一刻も早い事態の終息が望まれる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>