昨年、空前の“渋野日向子”ブームで一躍注目されたゴルフ界。しかし、男子ツアーでは試合数や観客動員数が伸び悩むなど、人気の陰りがぬぐえないままだ。


かつて同じように“どん底”を味わいながら、見事なV字回復を果たしたのが「新日本プロレス」。2018年には売上高が過去最高額を達成し、20年1月に行われた東京ドーム2連戦では、計7万人超えの動員を記録した。

人気回復のため必要な物はなにか。ブーム再燃の立役者、新日本プロレスのエース・棚橋弘至選手に、ゴルフ界きってのプロレスファンである中里光之介が教えを請う!

【教訓その6、“ゴルフだけやればいい”は大間違い!】
中里光之介(以下、中里)「SNSやテレビもそうですが、試合がない時間を使って地道な活動もされていたとか」

棚橋弘至(以下、棚橋)「そうですね。飲食店にポスターを貼らせてもらったりとかもやっていました。大体、月2週間シリーズがあって、2週間お休みがあってというスケジュール。試合と試合の合間に次のシリーズの所を回って、大会のプロモーションをやっていた。そうすると、月に休みが1日しかないこともあったけど」

中里「当時、そういう取り組みはお一人で?」

棚橋「僕は、志願してやりましたね。土地土地に行っている若い営業の社員に、“是非使って、オレいつでも行くから”って言って。世代的にも同世代だったので、やりやすかったと思います」

中里「周囲の反応はいかがでしたか?」

棚橋「やっぱり、レスラーが直接動いてプロモーションするという文化はなかったですからね。何故なら、ずっとビジネスが良かったから、プロレスラーはプロレスだけをしていればよかった」

中里「まさに、今の僕らの感じかもしれません。ゴルフだけしていればいいって」

棚橋「でも、お客さんが集まっていないのにプロレスだけしていてもだめ。観てもらってなんぼなので」

中里「行動力がすごいですね。周囲からの反発はなかったですか?」

棚橋「僕は、外部からのネガティブな言葉は全部シャットアウトしてましたね(笑)」

中里「強い!(笑)。僕らJGTO(日本ゴルフツアー機構)で話し合いをしていても、組織として最後には“君たちはゴルフをしていればいい、プロゴルファーだから”となってしまう。だから、僕たち選手が動かないといけないと、選手会でも3年前から話をしてるんです。(石川)遼くんが会長になってやってきたけど、歯車が中々かみ合わないというか」

棚橋「それは、トップ選手がプロモーションをして、テレビにいっぱい出て、“盛り上げるんだ!”という姿を見せることが大事だね。そうしたら後輩や、その選手に勝ちたいと思っている選手は、それ以上のことをやらないといけない。相乗効果が生まれる。それが、トップ選手がやることだと思う」

中里「やっぱり、ゴルファーだからゴルフだけをしていればいい、という意識ではだめなんですね」

(※取材は3月23日に実施致しました)
■棚橋弘至(たなはし・ひろし プロレスラー)
1976年11月13日生まれ、岐阜県出身。99年に立命館大学を卒業し、新日本プロレスへ入門。同年10月にデビューを果たす。IWGPヘビー級王座に何度も君臨。「100年に一人の逸材」というキャッチフレーズで知られ、現在もエース選手として活躍している。

■中里光之介(なかざと・こうのすけ プロゴルファー)
1992年8月16日生まれ、東京都出身。杉並学院高等学校卒業。高校3年生でプロ宣言し、13年にはアジアンツアーに参戦。16から17年にかけて男子下部ツアー(現AbemaTVツアー)で計3勝をマーク。19年はQTランク2位でレギュラーツアーに参戦、「フジサンケイクラシック」10位タイなど成績を残した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>