5月1日(金)、日本プロゴルフ協会(PGA)よりシニア競技の「日本プロゴルフグランド・ゴールド選手権」の開催日程が発表された。


同大会は4月時点で開催延期が公表されていたが、10月20~21日に宝塚クラシックゴルフ倶楽部(兵庫県)で行われる。同大会については、10月下旬の日照時間を鑑みて出場人数を調整。グランドの部(60歳以上)は76から68人、ゴールドの部(68歳以上)は60人から52人に減らしての開催となる。

また、「関東/関西プロゴルフグランド・ゴールド選手権」についても7月の開催が決定。通常は36ホールの2日間競技として行われるが、少しでも選手や関係者の新型コロナウイルス感染リスクを回避するため、36ホールから18ホールへと短縮し、さらにセルフプレーで行われることが発表された。

なお、新日程が発表されたが、PGAでは政府方針や自治体対応など今後の状況を鑑み、更なる大会の延期や中止の可能性もあることを示した。

以下、新日程
・関東プロゴルフゴールドシニア選手権大会
日程:2020年7月14日(火)
会場:箱根湖畔ゴルフコース
・関東プロゴルフグランドシニア選手権大会
日程:2020年7月7日(火)
会場:箱根湖畔ゴルフコース
・関西プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権大会
日程:2020年7月14日(火)
会場:広島ゴルフ倶楽部鈴が峰コース
・日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権大会ユニテックスカップ2020
日程:2020年10月20日(火)~21日(水)
会場:宝塚クラシックゴルフ倶楽部
※参加人数を減少(グランド76→68名、ゴールド60名→52名)

<ゴルフ情報ALBA.Net>