ミナ・ハリガエ(米国)、張替美那(はりがえ・みな) が、米国アリゾナ州で開催されているミニツアー、カクタスツアー(ロングボーGC)で勝利! 「63」、「64」、65」(3日間大会)の通算24アンダー、192ストロークは同ツアーのスコアリングレコードを達成し、2位に9打差をつける圧勝だった。


ハリガエはカリフォルニア州、名門・ペブルビーチのあるモントレーで生まれた日系米国人。すし屋を営んでいる両親のもとに生まれた。2007年には「全米女子アマ・パブリックリンクス」で勝利し、デューク大でプレーした。

08年にプロ転向し、米国女子ツアーの下部、フューチャーズツアー(現シメトラツアー)で3勝を挙げ賞金ランキング1位。10年からはLPGAツアーで戦っているが、18年にはカクタスツアーにも参戦し3勝を挙げている。昨季はLPGAツアー21大会に出場し賞金ランキングは109位。今季は2月の「ISPSハンダ・ヴィック・オープン」に出場(予選落ち)をしている。

日本語はほとんど話せないが明るく屈託のない笑顔で周囲を惹きつける。30歳の今も貪欲に戦いの場を求めてミニツアー参戦も続ける。LPGAツアーが再開すれば、この好調を発揮できることに期待したい。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>