国内男子ツアーは、昨年の賞金ランク65位までの選手が主力となって、シーズンの開幕が待たれている。そんなツアーを彩る選手たちのデータを様々な観点からチェック。今回は通算勝利数を探ってみた。


日本ツアーでの通算優勝回数で不動のトップに立っているのが、ジャンボこと尾崎将司。1971年「日本プロ」での初優勝を皮切りに続々と勝利数を重ねていき、2年後、賞金ランク制が始まった73年に初代賞金王に輝いた。96年の「ダンロップフェニックス」では、海外ツアーを含めてプロ100勝に到達。国内ツアーでは2002年の「全日空オープン」で55歳にして94勝を達成し、ツアー制度施行後では最年長となる55歳での優勝を飾った。

男子ツアーでは、通算25勝を達成すると『永久シード』に名が刻まれる(※73年のツアー制度施行後)。現在ジャンボを含む6人が永久シード選手となっているが、そこに賞金シード選手として唯一入っているのが31勝の片山晋呉だ。賞金シード選手の中では、次いで21勝の池田勇太、18勝の藤田寛之、16勝の石川遼(※プロ転向後)となっている。通算勝利数が2ケタを超えているのは、上記選手を含む7人のみだ。

ちなみに、石川遼は2019年に3勝を挙げて、プロ転向後としては通算16勝に到達。28歳の若さで16勝というのは、永久シード選手と比べても異例の速さだ。ジャンボでさえ28歳の時点で国内ツアー通算12勝、意外にも青木功は0勝。28歳までで最も勝利を重ねたのは、15勝の中嶋常幸だった。

【通算勝利数トップ選手】※()内は28歳時点での通算勝利数
尾崎将司 94勝(12勝)
青木功 51勝(0勝)
中嶋常幸 48勝(15勝)
尾崎直道 32勝(3勝)
片山晋呉 31勝(10勝)
倉本昌弘 30勝(9勝)
杉原輝雄 28勝(0勝)
池田勇太 21勝(11勝)
石川遼 16勝(16勝)

【賞金シード選手の通算勝利数2ケタ超え】
片山晋呉 31勝
池田勇太 21勝
藤田寛之 18勝
石川遼 17勝
B・ジョーンズ 15勝
キム・キョンテ 14勝
宮本勝昌 12勝

<ゴルフ情報ALBA.Net>