米下部のコーン・フェリーツアー、「ユタ・チャンピオンシップ presented by Zions Bank」の初日の競技が終了。このツアーから世界最高峰の米国男子ツアーを目指す小斉平優和は、3アンダーで46位タイにつけた。


マンデー予選会から本戦の出場権を掴んだ小斉平は、アウトスタートの3番と9番でバーディ。2アンダーで折り返すと、インに入って15番でバーディを奪い、ノーボギーのラウンドで「68」をマークした。再開初戦から2戦は予選落ちしているだけに、22歳の上位進出に期待がかかる。

初日トップに立ったのは、ハリー・ホール(イングランド)とスティーブン・ジェイガー(ドイツ)。「63」をマークして8アンダーとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>