<アース・モンダミンカップ 2日目◇26日◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622ヤード・パー72>

「このオフにやってきたことが、全て意味なかったと思うような内容でした」


3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーと、2つスコアを落とし戻ってきた渋野日向子は、この日のプレー内容について、こう振り返った。トータルスコアは2オーバー・71位タイで予選落ち。2020-21年シーズンの開幕戦は、ほろ苦い結果で終わってしまった。

午後組の10番からスタートした渋野だったが、14番パー5でいきなりダブルボギーを叩いてしまう。ティショットを右の林に打ち込み、それを出そうとした際、目の前の木に当ててしまうミスからの“素ダボ”で「ここからおかしくなった」。ただ直後の15番、さらに17番のバーディで取り返したことで、落ち着きをとり戻すかにも思えた。だが、そこからも流れをつかむことはできなかった。

渋野が問題視したのは、1番、8番、14番、18番のパー5で計4つスコアを落としたこと。14番のダブルボギーに続き、18番、さらに終盤の8番でボギーを喫したことについて「メンタルにきました。それが一番悔しい」と嘆いた。そして、ここでスコアを守れなかった大きな要因が“アプローチ”だった。

上記の4ホールのうち14番は前述の通りだが、18番は58度で打った4打目の奥からのアプローチが「大オーバー」し、結果ボギーに。そして8番も、グリーン左から52度で寄せようとしたが、パーパットが3m残るというピンチから生じたことだった。また6番パー4のボギーについても、52度で放った25ヤードの三打目のアプローチを4mと寄せきれなかったことに起因。オフに「99%」の時間を割いた小技が「何個もボギー」になってしまった事実が、冒頭の言葉の背景にある。

昨年までの渋野は、アプローチ時はひたすら58度を握り、基本に忠実といっていい寄せに終始していた。だが、さらなるレベルアップや、将来的な米ツアー参戦を見据えて、そこに幅をもたせることがオフの課題に掲げたことだった。そして、この日のスコアロスは「練習をたくさんしていても試合でできなければ意味がない」という意思を、愚直に貫いたからとも言える。

「58度でもいいかなと思う場面もありましたが、試合でやっていかないと自信もつかないし、課題も見つからない。挑戦しました」。これが記者から出た『58度を握ればいい場面もあったのでは?』という質問への渋野の答えだった。この大会を終えると、また1カ月以上試合がない日が続く。それが「挑戦」し続けた理由の一つとも考えることができる。

ホールアウト時は、まだ他の選手の動向次第では予選通過もあり得たが、「(予選を)通る、通らないではなく、自分の問題。自分がやるべきことを練習しないと」と、結果ではなく内容を自らに問うた。瞬間最大風速15.7mという強風の影響については「風が吹いてる方向は分かる。自分のミス」と否定した。

17番のバーディは、残り10ヤードから52度で放ったアプローチが直接カップに決まったもの。これについては「気持ちよかった」と言うが、ただ試合全体を見ると「ポジティブなものはなかった」。この日続けた挑戦を“先行投資”にし、試合のなかで見つけた課題をここから克服していく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>