<アース・モンダミンカップ 3日目◇27日◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622ヤード・パー72>

国内女子ツアー開幕戦「アース・モンダミンカップ」は3日目の競技が終了。今大会がプロとなってからの日本初戦となる安田祐香と吉田優利は、予選ラウンドからこの日まで3日間同組でラウンドした。


スコア的に軍配が上がったのは安田。10番から出た前半はパープレーだったが、後半で4つ伸ばしてトータル3アンダーの27位タイまで順位を上げた。「ショットは引っかけが多くなってきてるので、そこは心配ですけど、調整して明日一日耐えればいいかなって感じです。パットも良くなってきてる」とコメント。プライベートでも仲の良い吉田と3日間同組だったことについては「回りやすかったですね。リズム良く回れてると思います」と振り返った。

人生に一度しかないデビュー戦もあと1日。「フェアウェイキープを大事にしていきたいなと思っています。アンダーで回って少しでも順位を上げれたらいいなって思います」と意気込みを語った。

一方の吉田も前半で4バーディを奪うなど、5バーディ・2ボギーの「69」と3つ伸ばしてトータル2アンダーの34位タイに浮上した。「ゴルフの調子はいいので、そこは明日も継続していきたいです。あとはかみ合わせだけなので、パターが入るの待ちです」と最終日にさらなる浮上を狙う。

盟友との3日間に「すごく楽しかった」と笑顔。「明日も一緒だったらいいのになと思いましたけど…。でも、すごく思い出に残るデビュー戦になりましたし、これからも2人で頑張っていければいいなと思います」と話した。

最終日の同組は叶わず。それぞれ安田は河本結、リ・ハナ(韓国)と10時20分に1番ティから、吉田は上原美希、武尾咲希と10時10分に10番ティからスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>