<トラベラーズ選手権 最終日◇28日◇TPCリバー・ハイランズ(米コネチカット州)◇6841ヤード・パー70>

米国男子ツアーの「トラベラーズ選手権」は全日程が終了。3日目に「61」をマークしたダスティン・ジョンソン(米国)が最終日も3つ伸ばし、トータル19アンダーで2019年の「WGC-メキシコ選手権」以来となるツアー通算21勝目を挙げた。


2打差の2位から出たダスティンは4番で最初のバーディを奪うと、前半だけで4バーディ。フロントナインで首位に立つと、15番終了後に雷雲接近のため1時間近く中断するアクシデントもあったが逃げ切り。ダスティンはこれで12シーズン連続優勝となった。

1打差の2位にはケヴィン・ストリールマン(米国)、トータル17アンダーの3位タイにウィル・ゴードン(米国)とマッケンジー・ヒューズ(カナダ)が入った。首位に立っていたブレンダン・トッドは「75」と苦しみ11位タイに沈んだ。

その他、ローリー・マキロイ(北アイルランド)はトータル13アンダーの11位タイ、フィル・ミケルソン(米国)はこの日もスコアを落としトータル11アンダーの24位タイに終わった。なお、今大会に日本勢は出場していない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>