28日、米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」終了後にPGAツアー1勝のディラン・フリッテリ(南アフリカ)の新型コロナ『陽性』が確認された。これでニック・ワトニー、キャメロン・チャンプ、デニー・マッカーシー(いずれも米国)に続いて同ツアーのコロナ陽性者は4人目となった。


フリテッリは再開3戦目となるトラベラーズ選手権で予選落ち。次戦の「ロケット・モーゲージ・クラシック」(米ミシガン州)へツアーのチャーター機で移動するために受けた検査で「陽性」だったとツアーが発表した。

フリテッリはロケット・モーゲージ・クラシックを欠場し自主隔離。「症状はなくとても健康だったから検査結果にはとても驚いたし、次週の欠場はとても残念に思う」と話す方で「“WHOOP”がわずかに昨夜の呼吸数の増加も示していた。ツアーの支援にとても感謝するし、みなの健康を守るためにしっかりと自主隔離して、またツアーに戻る日を楽しみにしている」とコメントした。

一人目の「陽性」が確認されたワトニーと同様に心拍数や睡眠時間などのデータを解析する手首などにつけるデバイスが異常を示していたことも明かした。ツアーはこの“WHOOP”を選手らに配布することを決めている。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>