<アース・モンダミンカップ 最終日◇29日◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622ヤード・パー72>

「勝てなかったら何も意味がない。何とも言えません」。プレーオフで敗れた鈴木愛は開口一番、そう一日を振り返った。


序盤は女王のゴルフだった。出だしから連続バーディで首位を走る田中瑞希にプレッシャーをかけると、8番パー5の3打目をベタピンにつけてバーディ。ついに首位に並ぶと、2日目、3日目に池に入れた9番もパーをセーブ。さらに折り返してからも12番で落としたものの14番、16番とスコアを伸ばし一気にタイトルを手繰り寄せた。

だが、17番で3mのバーディパットが右を抜けると、渡邉彩香と首位に並んで迎えた18番。バーディを獲りたいパー5だったが、ティショット、2打目はともにラフへ。3打目も7mまでしか寄せられず、バーディパットは完璧にラインに乗ったがわずかにショート。

渡邉とのプレーオフでは、73ホール目のティショットはラフへ。3打目も寄せられず、ラウンド後に練習を繰り返した同じような上りの7mだったが、カップの横を抜けた。一方の渡邉がバーディパットを沈めて勝負あり。悔しさあふれる一日となってしまった。

繰り返し口をつくのはショットの悪さ。「4日間通して良くなかった。勝てないなというショット力。ティショットが悪いなかでは頑張れたが、勝負にならなかった」。この日の目標としていた「最低6アンダー」には届かず。周りも伸ばさなかったから、何とか優勝争いができたというのが感想だった。

それでも、優勝した1つ年上の渡邉を賞賛することは忘れなかった。「1ホールだけでしたが、久しぶりにラウンドができて楽しかった。彩香ちゃんは私にできないようなゴルフをするし勉強になる。一緒に国の代表として戦ったこともある。彩香ちゃんとならいい勝負をすると思っていた」。敗れた直後もバーディパットを外した悔しさを噛み殺し、笑顔と拍手で勝者をたたえた。

目下の課題はスイング修正。このオフに改造した体の動きを少なくする部分の見直しだ。「もう一度試合動画をチェックしますが、思ったよりも右に動きすぎている。それが大きいクラブの正確性に影響していると思う。切り返しのタイミングもまだ悪い。調整したい」。試合で感じたことをフィードバックして、次戦以降に生かしていく。

悔しさをすぐにでも晴らしたいところだが、次の試合はまだ決まらない。だが、当面は国内に専念する可能性が高い。直近の海外女子メジャーで出場権のある「全英AIG女子オープン」を「ほとんどの確率で行かないと思う」とコメント。「ANAインスピレーション(9月10日〜13日)と全米女子オープン(12月10日〜13日。ともに変更の可能性あり)の2試合もたぶん行かないかなと思う。最終的には向こうの感染者などの状況と自分のゴルフの調子を見て決めたい」と胸中を明かした。

そうなれば1カ月以上、試合がない期間が続く。その期間はリフレッシュとトレーニングの見直しに当てる予定だ。「そこまでゴルフの練習はやらないつもりです。ただ、これまでやっていたトレーニングでは、ホール間の歩きなどで疲れることが多かった。トレーナーと相談してやっていきたい」。イレギュラーな状況が続く今シーズン。今回得た経験を生かして、悲願の2年連続賞金女王への道を切り開いていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>