1日(水)、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が本年度実施を予定していた「2020年度JLPGAプロテスト」の全競技(予選会を含む)を2021年の3月以降に延期することを決定したことを発表した。


リリースでJLPGAは「当協会は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、これまで慎重に協議を重ねてまいりましたが、全国から受験を希望する600名を超える方々の安全確保の観点から、やむなく延期の判断となりました。この度は受験生並びに関係者の皆様、実施に向けて準備をしていただいたコース関係者の皆様に深くお詫び申し上げますとともに、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます」と理由を説明。

また、「なお、今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況により、中止を含めた実施方法の変更等の可能性もございますので、ご留意ください。新たな実施日程・概要につきましては、決定次第、速やかにご連絡を申し上げます」と状況次第でさらなる変更があるとした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>