日本プロゴルフ協会は1日(水)、9月から10月の開催を予定していた国内シニアツアー4試合の中止を発表した。


今回中止が発表されたのは「スポーツ振興 広島シニアゴルフトーナメント」、「第4回熊本・阿蘇シニアオープンゴルフトーナメント」、「第8回トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント」、「第5回福岡シニアオープンゴルフトーナメント」の4試合。理由は「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴い、参加者及び関係者の健康・安全面を考慮した結果」としている。

国内シニアの中止決定はこれで8試合に。同ツアーの最短での開幕は、現在のスケジュールでは7月30日(木)、31日(金)の2日間、静岡県の朝霧カントリークラブで行われる「ISPS・コロナに喝!!シニアトーナメント」の予定となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>