<ロケット・モーゲージ・クラシック 最終日◇5日◇デトロイトGC(米ミシガン州)◇7340ヤード・パー72>

米国男子ツアー「ロケット・モーゲージ・クラシック」の最終ラウンドが進行中。トータル12アンダー・13位タイから出た松山英樹がトータル13アンダーでホールアウトしている。


松山は前半で「33」をマークして首位と4打差で折り返したが、後半では14番パー5で池に入れてダブルボギーを喫するなど失速。後半を1バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「38」とし、最終ラウンドを「71」でトータル13アンダーで現在20位タイとなっている。

トータル20アンダー単独首位にはブライソン・デシャンボー(米国)。首位と2打差・2位タイにはケビン・キスナー(米国)とマシュー・ウルフ(米国)が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>