<全米オープン 最終日◇20日◇ウィングド・フットGC(米国ニューヨーク州)◇7477ヤード・パー70>

今年の海外メジャー2戦目「全米オープン」最終日。首位と5打差の4位タイからスタートした松山英樹は、出だしの1番をダブルボギーとすると、2番から3連続ボギー。ティショットが定まらず、ズルズルとスコアを落とした。


1番では3打目のアプローチがグリーンの傾斜を転がり落ちてパーパットが20メートル。ここから3パットをすると、その後も左のラフにつかまるティショットに苦戦した。

5番で4メートルのパーパットを沈めて落ち着くと、ワンオン可能な6番パー4ではティショットが右ラフにつかまったが、そこからカラーまで運びこれを沈めてこの日初バーディ。ところが8番でもボギーを叩き再び後退した。

バーディがほしい9番のパー5でもスコアを伸ばせず、前半だけで5つ落とし、トータル5オーバー、首位と8打差で後半に入る。

なお、石川遼はトータル18オーバー、今平周吾はトータル25オーバーですでにホールアウトしている。

首位はブライソン・デシャンボー(米国)でトータル3アンダー。首位スタートのマシュー・ウルフ(米国)が1打差で追っている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>