<樋口久子 三菱電機レディス 初日◇30日◇武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)◇6585ヤード・パー72>

30日(金)に開幕した大会は、第1ラウンドを終え勝みなみが5アンダーで単独トップに立った。1打差に竹内美雪、石川明日香、申ジエ(韓国)が続く。最初の18ホールを終えた選手の声を、上位陣を中心にお届けする。


■勝みなみ(5アンダー・単独首位)
「日本女子オープンからショットの調子が上がってきて、かみ合えばアンダーは出ると思っていました。前半は耐えて耐えてというゴルフ。2番から5番まで長いパーパットを決めて粘ることができました。緊張するとショットで肩が回らなくなるので、そこを意識して後半はよくできていました。それを2日目も続けていきたいですね」

■竹内美雪(4アンダー・2位タイ)
「今までやってきたことが積み重なって、段々とよくなってきました。今週はパターのリズムに意識を向けています。(空き週だった)先週はゆっくり休めました。ワンちゃんが5匹家にいるので一緒に遊びながら過ごしました。成績を出したい、優勝したいということを考えるのは当然ですが、まずは今できることに集中していきたいです」

■石川明日香(4アンダー・2位タイ)
「ショットも大きなミスがなく、3パットもなかった。うまくラウンドできたと思います。ちょっとずつ攻めるところ守るところができているのかなと思います。2日目もできるだけ(ピンの)奥につけないように。初日は2アンダーを目標にしていたので、2日目もそのスコアが出せるように頑張りたいです」

■申ジエ(4アンダー・2位タイ)
「1番でバーディが獲れて、すごくいい雰囲気のなか18ホールを回ることができました。パターもよかったし、イーグルも出てスコアにつながりました。(優勝した)先々週の雰囲気を維持しながら2日目もプレーしたいです」

■渋野日向子(イーブンパー・32位タイ)
「(8番でホールインワン)ギャラリーがいなくて、(カップの)音で分かることはなかなかないので不思議でした。(復帰戦でのエース達成に)自分でも“持ってる”と思ったけど、後半のゴルフで“これが実力だな”と思い知らされました。2日目はショートパットが入ってくれれば。ショットはいいと思うのでそこは続けられるようにしたい」

■鈴木愛(イーブンパー・32位タイ)
「悪くはないけどスコアが出ないので面白くないですよね。いいパットをしてもなめたり、一周して返ってきたりそんなのばかり…。最初の1試合(アース・モンダミンカップ)以外、ずっとこの状態。う〜ん…全部うまいこといかん」

<ゴルフ情報ALBA.Net>