<伊藤園レディス 2日目◇14日◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741ヤード・パー72>

あす22歳の誕生日を迎える渋野日向子が、「伊藤園レディス」2日目を終えて、新たな1年に向けての思いを語った。


2019年はすべてがうまくいく飛躍の年となったが、20年は困難が続いた。コロナ禍の影響で2月からの海外遠征は中止。国内ツアーも6月まで開催されない中で、目標を実現するのが難しくなった。

今年は21年の米ツアー挑戦のための準備期間に充てる予定だったが、予定されていた予選会(Qシリーズ)は中止。国内女子ツアーも20年と21年が統合されるなど、未曾有の事態となった。そんな状況下で、渋野が選んだのは夏の長期海外遠征だった。

ディフェンディング大会として臨んだ「全英女子オープン」で予選落ちを喫するなど、思うような成績は残せなかったが、あらためて米ツアーへの気持ちは高まった。「今年本当はアメリカツアーに出るための準備をして、覚悟を決めないといけない年だった。覚悟に関しては、2カ月間アメリカツアーを経験してできている状態」と、意志は変わらない。

今年の初戦が6月末にズレ込んだことにより、思いのほか時間ができた。米ツアーに向けて行っていたスイング改造や肉体改造も進めていたが、結果は伴っていない。「すごい苦しい1年だったと思う。みなさんそうですけど、世界中が。そのなかでもなかなかこういう、いろいろな思いをする年も、考える年もなかったと思います」。しみじみと21歳の年を振り返った。

もちろん今季はまだ今週を含めて国内3戦、そして12月には「全米女子オープン」が控える。22歳の年はここで結果を残し、将来へのステップアップとする構え。「アメリカツアー挑戦も人生の転機だと思う。来年はそれを実行・実現するために、アメリカの地でしっかり経験を積んで、推薦をいただける試合で経験を積んでQスクールに向けて頑張りたい」。

来年も続く米国への準備期間を経て、22年の米ツアー参戦を実現するため。22歳の1年間は、モチベーション継続とともに、結果を残す年にする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>