日本女子チームが10打差圧倒で3年ぶりV 男子は4位【トヨタジュニアW杯最終日】

日本女子チームが10打差圧倒で3年ぶりV 男子は4位【トヨタジュニアW杯最終日】

<トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supported by JAL 最終日◇15日◇中京ゴルフ倶楽部・石野コース(男子6,843ヤード・パー71 女子6,130ヤード・パー72)>

15カ国24チームによるジュニア・ナショナルチーム世界一決定戦「トヨタジュニアゴルフワールドカップ」最終日、2位の韓国と6打差でスタートした日本女子チームがスコアを8つ伸ばし、後続と10打差のトータル22アンダーで圧勝。新垣比菜らを擁して優勝を果たした2015年以来、3年ぶりの栄冠をつかんだ。


個人では安田祐香(滝川第二高等学校3年)が5アンダー「67」とこの日のベストスコアを叩き出すと、西村優菜(大阪商業大学高等学校3年)が「69」、古江彩佳(滝川第二高等学校3年)も「69」と3人そろって60台をマーク。他の追随を許さなかった。

一方の男子はデンマークチームがこの日11アンダーと爆発。首位に立っていたスペインとの7打差を覆し、トータル23アンダーで逆転勝利を収めた。日本団体はトータル11アンダーで4位。個人では久常涼がトータル6アンダー・8位とトップ10に入った。

【女子最終結果】
優勝:日本(-22)
2位:韓国(-12)
3位T:カナダ(+2)
3位T:スウェーデン(+2)
5位:米国(+3)

日本女子・個人の順位
1位T:安田祐香(-10)
3位:西村優菜(-9)
4位:古江彩佳(-6)

【男子最終結果】
優勝:デンマーク(-23)
2位:スペイン(-21)
3位:タイ(-19)
4位:日本(-11)

日本男子・個人の順位
8位:久常涼(-6)
14位:中島啓太(-1)
21位T:鈴木晃祐(+2)
30位T:小寺大佑(+5)

※男子は各チーム4人中上位3人のスコアの合計、女子は各チーム上位2人の合計(各日加算)。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索