母・娘より深刻? イクメン時代の「父・息子関係」のリスク

母・娘より深刻? イクメン時代の「父・息子関係」のリスク

■スパルタ父から「甘口お受験父」の時代へ
ここ数年、「母と娘」の葛藤に関する問題が世間を騒がせていますが、実は母娘問題以上に根深い葛藤を抱えやすいのが、「父と息子」の問題です。

父権の強い時代には、家庭における父親のパワーは絶大なものでした。当時の父親は社会的に好ましい結果を出す息子をもてはやし、そうでない息子は見下すような、厳然とした評価的態度を持つ人が多かったものです(映画『エデンの東』や『スタンド・バイ・ミー』で描かれる主人公の父親像のように)。

70年代ごろから、家庭における母親のパワーが増大すると共に父親が“蚊帳の外”に置かれる風景が増え始め、同時に「マザコン息子問題」や「母娘問題」など、母親の過保護・過干渉の問題が燃焼してきました。しかし、最近では父親の育児参加(イクメンなど)が増加すると共に、「父と息子の問題」が新しい形で過熱化し始めているようです。

たとえば、息子の受験に熱くなる「お受験父」。エリート校進学にこだわる父はかねてから見られましたが、昔は「東大に合格しろ!」などの至上命題だけを掲げ、肝心の教育は母親に丸投げかスパルタ教育を押し付け、結果で評価する“辛口”な態度が一般的でした。

しかし、21世紀の「お受験父」たちは、単純に息子の偏差値や受験校のブランドなどの外的な評価にこだわるわけではありません。息子の性格の能力を分析し、男子の特性をよく理解している学校、親の考え方に合う学校をじっくり吟味する“甘口”の傾向にあるようです。

■先回りして人生のヒントを示す父。息子はどう捉える?
このように、「息子に合った環境」「息子を伸ばせる環境」を積極的に探そうとする父親の熱意が、息子本人にとっては思わぬ負の影響を与えてしまう場合があります。

それは、父親が先回りして息子の個性を“理解”し、父親の判断で“息子に合った”人生の筋道を提示してしまうと、息子は自動的にその提示を呑み込み、提示に適応した生き方を志向してしまうという影響です。

この傾向は、特に幼い時期には顕著です。幼児期から児童期の男の子は父親と自分を同一視し、父親が正しいと考えるルールや生き方を勤勉に達成しようとします。したがって、「僕は○○校に行きたい!」「僕は将来○○になりたい!」と子ども自身が語っているとしても、それは父親の希望を反映した言葉であり、子ども自身の欲求から出た言葉ではない可能性があります。

ちょうど中学受験に挑戦する小学生時代は、息子が父親の希望を素直に呑み込みやすい時期であるため、父親にとっては受験をはじめとする進路をコーディネートしやすい時期です。ただし、その挑戦は、息子本人が吟味して決めた結論であるとは限らないのです。

■「反発すべき父」が見当たらない思春期息子の課題
「パートナーとしての父」が、息子の人生の道筋を提示し、「息子に合う人生」をコーディネートすると、思春期以降に微妙な問題が発生する場合があります。

思春期は、自分自身の力、自分の価値観で人生を切り拓く準備をする時期にあたりますが、このとき男の子は「父殺し」のテーマに直面すると言われます。すなわち、それまで自分が同一化してきた父親から脱皮し、父親の影響を抹殺して、自分自身の力で人生を築こうという課題に挑戦しようとするのです。

この父殺しには、ルーク・スカイウォーカーに対するダースベーダーのように、「反発すべき父」の存在が必要となります。しかし、父親が息子のパートナーとして機能し、息子を包み込みながら人生をガイドするような付き合い方をしていると、息子は父親から脱皮する必要性も乗り越える必要性も感じられず、ぬくぬくと父親の影響下にい続けてしまう可能性があります。

すると、息子は自分自身で人生を決めることから遠ざかり、父親に相談しながら、結局は父親に最終決定してもらうという「マザコン息子」ならぬ「ファザコン息子」へと発展する可能性があるのです。

■息子は「自分で決められる男」になっていますか?
実際に、最近身近にこんな男子や父・息子関係を見かけないでしょうか?

・就職希望先は「父と同じ業種」。本人の志望理由は「なんとなく……父が勧めてくれたから」

・女子はキライ「うるさいし、話が合わないから」。デートは苦手「気を使うし、お金がかかるから」。やっぱり家族旅行や男旅が好き

・息子の気持ちに先回りして気づいてくれる父。息子は「自分から相談」しなくても済んでいる

・会社の制度やシステムは「よく分からない」。父がチェックしてくれるので安心

「自分のこと」は自分で決め、困難にぶち当たったときに、自分自身で相談や行動の選択を考えられるように成長していくことが大切です。人生の方向性はもちろん、身の回りの小さなことにおいても、息子が「自分で決められる男」になるために必要な父親としての関わりについて、一度じっくり考えてみませんか?

大美賀 直子

ニュースをもっと見る

おすすめ情報

All Aboutの他の記事もみる

生活術の主要なニュース

生活術のニュース一覧へ

15時32分更新

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索