すぐ友だちができるのに続かない原因とは?

すぐ友だちができるのに続かない原因とは?

■友だち作りは得意な人が、友だちを失ってしまう原因は?
「人と話すのが大好きでコミュ力は高い方。だから、友だちはすぐにできる。でも、なぜかその関係が長続きしない……」。そうした悩みをお持ちの方は、少なくないように思います。

では、友だちづくりは上手なのに、なぜその関係を維持できないのでしょう? そこには、ある「コミュニケーションのくせ」が影響しているのかもしれません。

友だちづくりの基本は、「自己開示」です。自己開示とは、自分のことを相手に話すこと。心を開いて、自分の経験や感情や考えを相手に伝えると、相手もそれに呼応して自己開示をしやすくなります。こうして、お互いに胸襟を開いて気持ちや経験を共有しあうことで、友情は深まっていくのです。

自己開示は、信頼関係を築くための重要なコミュニケーション方法です。出会ったばかりの頃に積極的に自己開示できた人ほど、友だちづくりに成功します。自分から「私、○○出身なんだ。まだ友だちがいないんだけど、よろしくね!」などと話しかければ、初対面の緊張をほどき、関係性を築きやすくなります。

■自慢や自己アピールが増えると、聞く側は幻滅
ところが、自己開示で友だちづくりに成功しても、その後のコミュニケーションで友だちを失ってしまう人は少なくありません。

代表的なパターンが、「自己呈示」が増えていくコミュニケーションです。自己呈示とは、自分の良い印象だけを相手に伝えること。自慢や自己アピールがここに含まれます。

「私、○○出身なんだ」「新年度って緊張しちゃう」――こうした等身大の自己開示を受ければ、相手も等身大の自己開示をしやすくなり、打ち解けた会話が始まりやすくなります。しかし、そこから自己呈示にシフトすると、どうなるでしょう?

「私の出身校では、〇〇大学に何人も合格している」「友達には、有名人の○○さんがいる」「お父さんは○○会社の部長で、家は山の手にあって……」――このように、自分の良い印象だけを選んで相手に伝えるようになります。

これでは話す側の気分はよくても、聞かされる側はたまりません。いつまでも続く自慢話にうんざりし、落胆や不信感が募ってしまうかもしれません。

■自己呈示してしまう心に隠れる「自信のなさ」
ではなぜ、会話が自己呈示にシフトしてしまうのでしょう?

その行動の裏には、自分への自信のなさが隠れているのかもしれません。「自分の良い印象を伝えなければ、友達は魅力を感じてくれない」「自分を飾らなければ、人に認められない」――たとえばこんな思いがあると、自己呈示的な会話が増えやすくなります。

また、自分が相手より優位だと感じなければ、自尊心を保てないという人もいます。「気がつけば、自分が相手に勝る点を探している」「“すごいね”“さすがだね”という反応を求めている」――こんな思いも、自己呈示的な会話を増やしやすくなります。

自己呈示は、言葉ばかりで行われるとは限りません。たとえば、ブランド品や奇抜なファッションを身につけて、自分の方が高級であり流行に敏感だとアピールする人や、目立つ行動を見せて、“華のある自分”をアピールする人もいます。

しかし、こうした自己呈示をすればするほど、友だちの心は離れていきます。そこには、お互いに等身大で向き合おうとする“ありのまま”の姿がないからです。

したがって、友だちづくりは上手なのにその関係を維持できない場合、自分のコミュニケーションが自己呈示になっていないか、振り返ってみるのも一考です。自己呈示をやめられないなら、なぜそうした気持ちが生じるのか、じっくり自己分析してみるのもよいでしょう。

大美賀 直子


関連記事

おすすめ情報

All Aboutの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索