■春は生活費を大幅削減できる絶好のチャンス
春になると暖かくなり、光熱費の負担が楽になりますね。新生活が始まる春は家計を見直したり、生活費を減らすには良いタイミングです。この時期だからこそできる節約法も含めて、お伝えしていきます。

■春だからこそできる節約法
春だからこそできる節約法は次の通りです。

・エアコンのコンセントを抜く
・トイレ便座の保温機能をOFFにする
・春野菜(えんどうなど)は、茹でて冷凍保存しておく
・プランターで夏野菜やパセリ、ハーブなどを育て始める
・衣替えで不要になった衣類は雑巾にする
・レジャーはお弁当を持って、お花見や公園で過ごす
・歓送迎会の支出が増えるので、普段の食生活を粗食にすることで、体も支出も脱メタボする

■心機一転できるからこそできる節約
これまで「あったら便利」だと思って契約していたものや、一度も見直したことのない支出をこの際、一気に見直していきましょう。 思い立ったら吉日です。

・ケーブルTVの有料チャンネル
・定期購読している雑誌やメルマガ等
・年会費だけ支払っているクレジットカード
・住宅ローンの金利見直し
・通信費(携帯電話・固定電話・プロバイダ)の基本料金
・保険の保障内容

これらの支出は無駄になっていませんか? 費用対効果を考え、有効活用されていないものは解約しましょう。

これらは毎月発生していた固定費になります。固定費を削減すると、再びわずらわしい手続きを踏んで元の契約に戻すことはありません。

固定費削減により、確実に節約できるようになります。これだけでも、うんと家計が楽になるはず。ものやサービスを買ったり持つことだけではなく、時には手放すこともしていかなければ、収入より支出のほうが増え家計は破綻します。

一度契約してしまうと変更や解約手続きが面倒なのが固定費です。

ということは、最初から「あると便利」なものやサービスは買ったり契約したりせず、生活に支障が出ない程度の基本的なものやサービスにしておくことが望ましいとも言えます。

そして本当に必要でワクワクするものだけを選択していくのが賢い消費者ですね。

■引っ越しのタイミングでできる節約
引っ越すと、先に紹介したサービスに対しても「住所変更」という手続きをとっていく必要がありますので、その時に「見直す」ということも一緒にしていきましょう。

・賃貸の場合、これまでより賃料が安い家に住む
・口座引き落としにしていた光熱費や保険料などをクレジットカード払いにすることで、ポイントを貯める
・電気の契約アンペア数を下げる
・家電を買い替える場合は、新しい家に合った省エネタイプのものを買う
・人間関係を整理し、時間とお金を無駄にするだけの付き合いからは静かに去る

新生活や引っ越しは初期費用がかかるもの。しかしこのように無駄を省いていく絶好のチャンスにもなります。この時期にしっかり無駄を省くという見直しができれば、その後の生活がとても楽になってきます。

また、春は業者が繁忙期なので、引っ越し代が安くなる時期を狙いたいものです。

注意点としては春になると、いろんなお店で「春の入会キャンペーン!入会金無料!」という広告をよく目にします。タイミング的に必要な場合はお得さを享受できますが、「あったら便利かもしれない」という程度だと無駄が発生しやすくなります。

どんなに、ものやサービスを買って持つことができたとしても、貯蓄という家計のクッションがなければ、日々綱渡りをしていることになります。

我が家の家計やライフプランを考えて、今の自分と家族に一番必要なことは何か、優先順位を考えてお金を使っていきましょう。

二宮 清子(マネーガイド)