■いろいろお得な方法があるネットショッピング
ネットショッピング、ネット通販と一口に言っても、いろいろ使っていると便利な機能やお得な買い物方法がいろいろあります。

日ごろの買い物、食料品や日用品を上手にネットショッピングで買う方法をご紹介します。

■定期的に買うものはシステム化してより時短にする
まず、ネットショッピングで定期的に買うものにはどのようなものがあるのでしょうか。

定期的に買えるものとして、生鮮食料品・常温保存可能な調味料類や飲料・洗剤シャンプー類・化粧品類などがあげられます。

ネットショッピング自体が実店舗に買い物に行くことと比べればかなり時間短縮になります。それをさらに時間短縮にするために、定期的に買うものに関しては、購入できるネットショップを決めておくと買い物自体が楽になります。

例えば、次のようなルールを作っておくと便利です。

▼生鮮食料品ネットスーパーが利用できるエリアであればネットスーパー。ネットスーパーの中でも頻繁に買うものは「お気に入り機能」などを使って登録しておくと、検索する手間が省け時短になります。

▼常温保存可能な調味料類・飲料・洗剤シャンプー類利用しているネットショップの「お気に入り機能」などで注文すると、最小アクション数で買うことができます。

Amazonの定期おトク便であれば、対象商品は一度登録すると、あとは何もせず定期的に届きます。配送頻度は1カ月から6カ月で選べます。「今月は不要かな」というときは簡単にキャンセルできます。また対象商品は10%や15%オフになるものが多く、節約にもつながります。

■同じネットショップでもお得に買えるルートを探しておく
同じ商品や同じネットショップで買い物をする場合でも、買い方を少し変えるだけで送料がお得になったり、ポイントの2重取りや3重取りができるケースがあります。

▼お店を変えて送料無料にする例えば、無印良品の商品の場合、無印良品ネットストアは小物5,000円(税込)以上購入すると送料無料となりますが、LOHACOで購入すると3,300円(税込)以上で送料無料となります。

LOHACOで扱っていない無印良品の商品もありますが、LOHACOは成城石井や久世福商店など少量品を扱うショップも入っているので、他の商品との「合わせ買い」でもよいでしょう。

▼モールを経由してポイントを重ね取りするクレジットカード会社が運営しているネットショッピングモールや、ポイントモールなど、複数のネットショップのリンク集のようなものがあります。そのリンクを経由してから目的のネットショップに行って買い物をすると、そのモールを経由したことに対してポイントが付与されるというサービスがあります。

このようなネットショッピングモールは、クレジットカード会社が運営しているものだけでなく、ANAやJALなどのマイル会員専用のモールや、LINEショッピングなどにも「モール機能」があります。

LINEショッピングの場合、Amazon、楽天、イオンネットスーパーなど多くの人が利用しているネットショップが登録されているのが特徴です。

例えばAmazonで買い物をしたい場合、Amazonを直接開くのではなくLINEショッピングの中のAmazonを経由して買い物をするだけでLINEのポイントが0.5%の還元率で付与されます。

ご紹介したように、ネットショッピングは買い物時間を短縮できるだけでなく、ポイントを多くもらえたりと、普通に利用していてはなかなか気づきづらいお得な方法がいろいろあります。せっかく利用するのであれば、お得に使いこなしてみませんか。

矢野 きくの(節約ガイド)