今年は“真鍮”に注目! 上質な暮らしに合う5アイテム

今年は“真鍮”に注目! 上質な暮らしに合う5アイテム

温もりのある鈍い輝きで、独特な存在感を放つ“真鍮”。使い込むほどに味わいが増していくのも魅力の一つです。ブックエンドや万年筆など、日常にさりげなく取り入れて。

使うたび手に馴染み、だんだんと育つカトラリー。

トントン…と金属を打つ音まで閉じ込めたようなカトラリーは、岡山県瀬戸内市を拠点とする“Lue”のハンドクラフトシリーズから。真鍮の光沢が、食卓に上品なきらめきを与えてくれる。右¥4,000 左¥3,000(ルー/シボネ青山TEL:03・3475・8017)

真鍮鋳物ならではの触り心地のよさを楽しめる。

富山県高岡市の老舗鋳物メーカーとデザイナー・大治将典氏による“FUTAGAMI”のブックエンド。約1200gと重量があるため、しっかりと本を支えてくれる。W66×D54×H110mmブックエンド 駒形¥7,500(フタガミ/シボネ青山)

真鍮の重みで、しっかり安定した書き味を実現。

クラシカルな佇まいの筆記具を使えば、何気ない時間も特別なひと時に。レトロなパッケージの缶ペンケースに入っているため、大切な人へのギフトにもぴったり。ボールペン¥9,000 万年筆¥10,000(カヴェコ/ドワネルTEL:03・3470・5007)

お気に入りの絵葉書を美しく飾れるカードスタンド。

カードを垂直に立たせるスタンドは、スイス・チューリヒにあるプリントスタジオがデザイン。コンパクトだからこそ、真鍮の凜とした表情が際立つ。W25×D15×H25mm¥1,400(BIENVENUE PUBLISHING/パピエラボTEL:03・5411・1696)

シェードのパンチングが、リズミカルな影を生み出す。

LAを拠点とする2つのデザイン集団がコラボ。テーブルランプとしてはもちろん、付属の真鍮無垢のボールフックを使えばウォールランプとしても楽しめる。W20.3×D24.1×H27.9cm VLITE¥60,000(コミューン/プレイマウンテンTEL:03・5775・6747)

※『anan』2019年1月23日号より。写真・多田 寛(DOUBLE ONE) スタイリスト・長坂磨莉

(by anan編集部)


関連記事

ananwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索