女王蜂「こんなバンド、世界中探してもどこにもいない」結成10年を振り返る

女王蜂「こんなバンド、世界中探してもどこにもいない」結成10年を振り返る

「アルバムタイトルの『十』は、はじめて楽器を持ってバンドを結成してからの“10年”でもありますし、前作『Q』に対する“十”でもありますね。『Q』が完成したとき、私たちへの風向きがかなり変わってきたと感じました。そのひとつが、女王蜂を好きと言ってくれる人がとても増えたこと。『Q』で広がったものがさらに発展して、今回は、私たちの決定打になるアルバムが作れたと思っています」

紆余曲折あっても音楽活動を握りしめ、生きてきた。

そう話すのは女王蜂のボーカル・アヴちゃん。どこにも似た人がいない独特のカリスマ性を持ち、常にスタイリッシュで妖艶で、発する言葉はインテリジェンスに溢れたアーティストだ。約2年ぶりにリリースされたアルバム『十』は、映画『貞子』にTVアニメ『どろろ』『東京種喰(トーキョーグール):re』というダークファンタジー3作への提供曲と新曲で構成される。すべてのサウンドや歌詞の端々から感じるのは、圧倒的な情熱がほとばしる人間賛歌のナンバー。聴いていて心臓の鼓動が速くなる感覚を何度もおぼえたほど、アヴちゃんのソングライターとしての力量に改めて驚かされるアルバムだ。

「貞子は両性具有的な存在だし、どろろも東京喰種も、半分人間という存在であったりと、それぞれに戦っているキャラクターたちの作品。自分自身そういう作品に引き寄せられることが多いし、私にとってはまったく無理のないアプローチでした。ただ私は職業作家ではないので、作品の意図を汲むことはできません。書き下ろしではなく、女王蜂として歌い続けていきたいと思って作った曲を、提供させていただきました」

この『十』の中で、個人的に心揺さぶられたのがタイトル曲の「十」だ。家族や郷里に別れを告げ、遠くの町に旅立つ、というテーマは普遍的なものだけど、独創性豊かな言葉で綴られるリリックに、胸が痛むほどの痛烈なセンチメンタルを感じる。

「バンドがないと生きられないというか、紆余曲折あって当たり前というか……。当然いろいろあったんですけど、乗り越えなければいけないと思って生きてきました。クリスチャンの方が苦難に遭ったとき十字架を握りしめるように、私はこの10年、音楽活動を握りしめることで、生きてこられたと思う。『十』は十字架の十でもあるし、この曲は泣くほどの悲しみを正直に込めないと、出してはいけない曲だと思っています。こんなふうに私が作った曲を、メンバーが具現化してくれることに感謝しています。前からうすうす感じていたけど、こんなバンド、世界中探してもどこにもいない。そう、胸を張って言いたいな」

New Album『十』【初回生産限定盤CD + DVD 】映画『貞子』主題歌「聖戦」など10曲入り。DVDには女王蜂主催「蜜蜂ナイト4〜:re〜」を収録。¥4,500 【通常盤CD】¥3,000(Sony Music Associated Records)

じょおうばち メンバーはアヴちゃん(Vo)、やしちゃん(Ba)、ルリちゃん(Dr)、ひばりくん(Gt)。2011年、『アルバム『孔雀』でデビュー。7月まで“「十」‐火炎‐”ツアー中。8/18に行われる「SUMMER SONIC 2019」に出演。

※『anan』2019年5月29日号より。写真・井手野下貴弘(HITOME) インタビュー、文・北條尚子

(by anan編集部)


関連記事

ananwebの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索