慰謝料払ってくれる…? 不倫女が「将来がない」と悟った男の言葉3選

慰謝料払ってくれる…? 不倫女が「将来がない」と悟った男の言葉3選

不倫している女性は、相手の男性が口にした“ちょっとした言葉”で、将来がないと悟ることもあります。複雑怪奇な人間模様の分析を得意とする並木まきが、そんな不倫男の言葉を3つご紹介します。

文・並木まき

1:「再来年はダブル受験だから」

「私はかつて、家庭のある男と不倫していたのですが、彼は“もうすぐ離婚する”と言いつつ、全然離婚してくれませんでした。

あるとき、一緒にお酒を飲んでいると、彼が『再来年は息子たちがダブル受験だから、今から緊張するなぁ〜』と話しているのを聞いて、彼には離婚する気はさらさらないんだろう……と悟りました。

離婚したら親権は妻に…などと言っていた男が、子どもの受験で緊張するなんておかしな話ですからね。それからしばらくして、私から彼に別れを告げました」(34歳女性/ITサービス)

子どもの将来の話題で“彼には離婚する気がない”と悟る女性もいます。それにしても、“離婚する”という言葉は本当に信用できないですね……。皆さんもお気を付けください。

2:「カミさんが、応じてくれそうにないんだよね」

「ある男と2年も不倫をして、結果的にムダな時間を過ごしてしまいました。当時、彼は離婚する気があったようですが、離婚の話が進んでいる様子もないので、1年半ほど経ったころ、私から『これ以上は待てない』と伝えてみたんです。

すると彼は『カミさんが応じてくれそうにないんだよね』と一言。その瞬間、この男は離婚するつもりはないんだな……と思いましたね。

本気で離婚する気なら、自分から別居するなどして態度を示すはずじゃないですか。それなのに、先延ばしにしているということは、本気で離婚する気はないということですよね」(35歳女性/保育士)

妻のせいにして離婚を先延ばしにしようとするのも、不倫男の常とう手段。結果として2年間を不毛な恋に費やしてしまったようですが、男の言葉で目が覚めてよかったのかもしれません。

3:「キミが慰謝料、払ってくれる?」

「私は以前不倫をしていたのですが、彼は私に『好き』『愛してる』などと言うわりに、一向に離婚しなかったんです。

でも、不倫なんて長く続けたくはなかったし、1年経ったときに、彼に離婚の意思を確認してみたんです。すると、しばらく悩んだ後で『ならさ、キミが慰謝料、代わりに払ってくれる?』と言われました。

奥さんに慰謝料を払うのは、自分たちが不倫した以上、仕方ないことだと思っていたけれど、全額を私に払わせようとしている言葉に驚きました……。

『カネさえあれば、離婚するんだけどなー』などと言っているのを見て、コイツは結局、離婚する気はないんだなって悟りました」(32歳女性/ネイリスト)

不倫の末に離婚となれば、慰謝料の話が出てくるのは当然です。そんなお金を相手の女性に払わせようとしているあたり、仮に離婚してその男と再婚したとしても、その後の生活がうまくいく気がしないですね。

不倫男からのひと言によって、不毛な関係に気づく女性もいるようです。ズルズルと関係を続けても良いことはありませんので、不倫は一刻も早くやめるに越したことはありませんね。

© oneinchpunch /shutterstock
© WeAre /shutterstock
© Yuri Gurevich /shutterstock


関連記事

ananwebの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索