漫画家のふじたさんによる大人気コミック『ヲタクに恋は難しい』(一迅社)が実写化! 高畑充希さん、山崎賢人さん、菜々緒さん、賀来賢人さん、斎藤工さんなどの人気俳優がヲタクと化します。また脚本と監督は、数々のコメディ映画でヒットを飛ばしてきた福田雄一さんが務めていることから、早くも大ヒットの予感。

そこで、“隠れ腐女子”の成海を演じた高畑さんと“レイヤー”ことコスプレイヤーの花子を演じた菜々緒さんが、ヲタクについて対談。ヲタクを演じてみた感想や、ヲタクに持つイメージ、共演者の中で一番のヲタクは誰か、お二人は趣味と恋愛のどちらを優先するのか…などについて語っていただきました。

ヲタク特有の早口のセリフにすごく苦労しました。(高畑)

――お二人は、“ヲタク”とはどんな人のことだと思いますか。

菜々緒:ヲタクって一つのことに精通していて人生、時間、お金のすべてを注いでいる人。生半可な気持ちでおなじ土俵に立っちゃいけない、ってイメージがあります。

高畑:趣味が自分の人生の中のちょっとした寄り道だとすれば、ヲタクの場合は、生きる目的の一つにそれを置いている感じがありますね。

――今回、ヲタクを演じてみた感想を聞かせてください。

菜々緒:私は、劇中であるキャラのコスプレをしたんですが、レイヤーの方々からすると、まだまだみたい。

高畑:気合が足りないって?

菜々緒:そう(笑)。でもコスプレはすごく楽しかったです。

高畑:めちゃくちゃ格好良かったです。成海と宏嵩(山崎賢人)と3人でテンション上がって、原作とおなじ画角で写真撮りましたね(笑)。私はヲタク文化に触れたのも、BL(ボーイズラブ)漫画を読んだのも初めてでしたが、奥深い世界だなぁって思いました。面白かったのが、“攻め”と“受け”の関係性。この関係性は人間のカップルにだけじゃなくて、鉛筆と消しゴムなど物にも成立するそうなんです。

菜々緒:面白〜い!

高畑:途中からその哲学的な感じが楽しくなっちゃって、なにかと、どっちが攻めで、どっちが受けかの関係性を考えてしまうようになったり。そうやって新しい世界が見えたのは楽しかったけど、ヲタクの人はとにかく早口なので、セリフには苦労しましたね。

菜々緒:伝えたい思いがたくさんありすぎて、限られた時間で言葉にするのに必死なんでしょうね。ある意味、刹那的。

高畑:そう、刹那的! 成海がコミケでヲタク友達と話すシーンがあるんですが、自分が噛んで撮影を止めてしまわないか…という緊張感がすごかったです。

菜々緒:しかも、言いなれていない専門用語ばかりで、ヘタしたら医療ドラマよりも難しい!

高畑:私、英語だと思って丸暗記しましたもん(笑)。

趣味も恋愛も両方なくても大丈夫かも!(笑)(菜々緒)

――共演者の中で、一番のヲタク気質は誰だと思いますか。

高畑:斎藤(工)さん。マイワールドがありそう。

菜々緒:私もそう思った。めっちゃ闇抱えてそう!(笑) 映画監督をやったり作品をつくったりする職人気質だし、そもそも突き詰めていくタイプなのかなって。

高畑:撮影の合間に、映画を撮ることがとにかく好きだという話をされていたんですが、きっとそういう作業をしている時は、現場では見せないような顔をしているんだろうなって想像してました。見えない部分がある人って魅力的です。でも、わざわざ踏み込んでいくことはしないかも(笑)。

――斎藤さんが、というわけではありませんが(笑)、もし自分が付き合った相手が、じつはすごいヲタク気質だったらどうします?

菜々緒:自分が無理して付き合うようなら、身を引くかな。

高畑:私はちょっと面白いと思っちゃうかも。そんな一面あるの? なにそれー! って。人柄重視で、トータルして好きが勝ってればそれでいいかな。

――お二人は、趣味と恋愛のどちらを優先しますか?

高畑:私は、趣味を相手に認めてもらえない恋愛ならしなくていいかなって思う。趣味が恋愛を上回るというわけではなくて、趣味を追いかける部分も含めて自分だし、そこをねじまげてまで一緒にいなくてもいい。素の自分が相手にハマらなかったら、無理しなくてもいいと思うんです。

菜々緒:私も、理解できないのならご縁がなかったんだなって思っちゃう。でも、じつはそこまでの趣味もないし、恋愛もそもそも必要じゃないから、なんなら両方なくても平気かも(笑)。

高畑:すごいですね!(笑) 恋愛はめんどうですか?

菜々緒:すべてにおいてなんですが、すぐに飽きちゃうんです。だから最初から期待してないし、なにかに依存することが苦手。

高畑:なんか、切ない気持ちになってくる…(笑)。

菜々緒:あははは(笑)。まず仕事が一番大事で次に趣味。私、一人で旅行するのが好きで、自分を見つめ直すことで気持ちをリセットして、また仕事に向き合えるんです。恋愛はその次かな。

高畑:いいですね、私も一人旅します。最近はどちらへ?

菜々緒:年末にタイの離島、ラスベガス、セドナを回るスピリチュアルな旅をしました。

高畑:ステキ。私は都会が好きなんで、NYやロンドンへ。でもおなじように、どうしても仕事の優先順位が一番高くて、次に家族や友達、そして恋愛や趣味の順。友達は多くはないけど、年を重ねるごとに信頼できる数少ない友達や家族と過ごす時間は多くなりました。それから、一回会ってみて違うと思ったら、すーっと引くのも上手くなったかもしれない。それこそ20代前半は相手に合わせることで影響される自分にもワクワクしてたけど、仕事でいい影響はいっぱい受けるから、プライベートでは自分らしくいられる人たちや環境が一番心地いいです。

菜々緒:年齢とともに、自分のバランスのとり方がちゃんとわかってくるんでしょうね。

ななお 1988年10月28日生まれ、埼玉県出身。2009年より本格的に芸能活動を始め、ドラマ、映画、CM等幅広く活躍中。昨年はドラマ『4分間のマリーゴールド』で今までの悪女ではなく初の正統派ヒロインを演じ話題に。

たかはた・みつき 1991年12月14日生まれ、大阪府出身。ドラマ『過保護のカホコ』をはじめ、話題作に次々出演。昨年は主演ドラマ『同期のサクラ』が大ヒット。5月から上演の舞台『ミス・サイゴン』に出演。

『ヲタクに恋は難しい』 趣味も恋愛も「好きなものは好き!」を貫こうとするヲタクで幼馴染みの成海と宏嵩。二人の恋の行方を歌とダンス満載で描いたヲタクエンターテインメント。全国公開中。出演/高畑充希、山崎賢人、菜々緒ほか

※『anan』2020年2月19日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) スタイリスト・相澤 樹(高畑さん) 柴田一宏(菜々緒さん) ヘア&メイク・市岡 愛(高畑さん) 吉田真妃(菜々緒さん) 取材、文・若山あや

(by anan編集部)