色気の秘密は、髪に宿るツヤにありました。サロンでのトリートメントはもちろん、自宅でのケアや、ツヤを活かしたスタイリングで髪の魅力は倍増。ポイントを押さえて、実践しよう。数多くのタレントやモデルのツヤ髪をプロデュースするRr SALON代表、加藤隆一さんに話を聞きました。

ツヤから色気があふれ出す。ツヤ髪を作るテクニック。

シャンプー

1.熱めのお湯で毛穴の汚れオフ。
毛穴に余分な皮脂が溜まっていると、髪のベタつきの原因に。汚れの8割を落とすつもりで予洗いを。湯温は42度が理想。
2.2回目のシャンプー中にマッサージ。
皮脂を落とすため、シャンプーは2回が。1回目はさらっと洗い流し、2回目では指の腹を使ってマッサージを。
3.ブラシで頭皮をマッサージ。
さらに、ブラシで頭皮の血行を促進。毛穴の汚れもスッキリとオフされ、頭皮のコリがほぐれることで小顔効果も!
4.下を見ながら襟足もしっかりとすすぐ。
すすぎ残しは髪のトラブルの原因に。シャンプーと同じくらいの時間をかけて。忘れがちな襟足も念入りに。

トリートメント

1.タオルを巻いて、2〜3分浸透させる。
トリートメントは毛先を中心に髪全体になじませたら、タオルを巻いて数分キープ。ホットタオルならなおGood。
2.中間から下をとかし、さっと流す。
トリートメントを髪の一本一本にしっかり浸透させるために、中間から毛先をブラシでとかす。すすぎは、軽めに。

特性の異なるピンを交互に配置し、頭皮にフィット。滑りにくい持ち手で、シャンプー時でも使いやすい。S・HEART・S Scalp Brush Plus ショート¥5,200(S・HEART・S TEL:0120・108・220)

3段階構造のブラシが髪のもつれを優しくほぐし、程よいクッション性で、頭皮を心地よく刺激。ハホニコ カラミー NO〈ヘアブラシ〉¥1,600(ハホニコ・ハッピーライフ TEL:0120・8025・11)

ドライヤー

1.襟足、根元を立ち上がらせるようにして乾かす。
髪を持ち上げ、襟足〜耳上、前頭部の根元にドライヤーを当てて乾かす。ドライヤーと髪の距離は約10cmが基本。
2.毛先を振りながら、手ぐしで整える。
手で髪の毛先を振りながら乾かし、空気を含ませて。ドライヤーを斜め上から当て、手ぐしで整えるとツヤ感が増す。

水分発生量が従来品の18倍に。水のベールをかけたように、うるツヤに。速乾効果も秀逸。ヘアードライヤー ナノケア EH−NA0B¥26,406*編集部調べ(パナソニック TEL:0120・878・697)

髪の温度を検知し、温風と冷風を自動でコントロール。水分がギュッと詰まった、しっとりツヤのある、“レア髪”に。リファ ビューテックドライヤー¥33,000(MTG TEL:0120・467・222)

タンクトップ¥8,900(エイトン/ビームス ハウス 丸の内 TEL:03・5220・8686)

加藤隆一さん 東京、愛知に展開する『Rr SALON』代表。驚異のツヤ髪に導く「ミネコラトリートメント」の先駆者的存在。『Rr SALON omotesando』東京都港区北青山2−12−27  デコール青山3F TEL:03・6812・9522

※『anan』2020年4月1日号より。写真・天日恵美子 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア・加藤隆一 メイク・イワタユイナ モデル・新野尾七奈 取材、文・安田光絵

(by anan編集部)