今週のコンビニスイーツは、春らしい抹茶の和スイーツが多め。 コンビニ利用率高め自称コンビニ愛好家のライターが、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンで見つけた、今日さっそく食べたくなるコンビニスイーツレポートです。

文・小田原みみ

今、毎日の楽しみは食べること! という方が多いのではないでしょうか? ということで今週もコンビニで見つけた最新スイーツをレポートします。

食べて春を感じる最新コンビニスイーツ

セブン-イレブン 宇治抹茶と桜の和パフェ ¥332(税込)

老舗お茶屋さん「伊藤久右衛門」監修のスイーツ。下から宇治抹茶ゼリー、宇治抹茶ムース、桜クリーム、宇治抹茶クリーム、白玉、こしあん、塩漬けした桜の花という構造。上から見ても横から見ても華やかで気分をアゲてくれます。一番上の層は塩漬け桜のしょっぱさ、クリームやあんこの甘さ、白玉のもちもち感などさまざまな味や食感が楽しめます。それらの下には濃厚な抹茶ムースがあり、ちょっとさっぱりしたものが欲しいなと思っていたところに、お口直しにどうぞと言わんばかりの抹茶ゼリーが登場します。トゥルンと瑞々しく、最初から最後の一口まで美味しくいただけるスイーツです。

セブン-イレブン もっちり宇治抹茶プリン ¥248(税込)

こちらも老舗お茶屋さん監修の抹茶スイーツということで、食べる前から気分が高まります。まず、一番上の抹茶ホイップクリームはほのかに抹茶の香りがして、くちどけなめらか。そして、そのクリームの下に一番の注目の抹茶プリンが待っています。普段食べているプリンとは全く違い、わらび餅やくず餅に近い食感で、「トロッ、ねっとり、プルン」を一口で感じ、その食感はかなり衝撃的でした! 味は期待を裏切らず超濃厚でほろ苦。クセになるおいしさです。

ファミリーマート 抹茶のとろける生チーズケーキ ¥288(税込)

以前ファミリーマートから発売されていた「とろける生チーズケーキ」の抹茶バージョン。トップにかかっている抹茶ソースはほろ苦で、甘いホイップクリームとともに口の中でスーッととけていきます。その下は抹茶レアチーズケーキ。底あるクランブルとともにザクザクいただきました。前回のクランブルは洋酒が効いていてそれがよかったのですが、今回は洋酒ナシ。ただ、そうすることで抹茶の香りより感じられてよかったです。

ローソン マウントプリンバスチー ¥380(税込)

ローソンの大人気スイーツ「バスチー」が2020年3月26日で発売1周年を迎えたことを記念して発売された「マウントプリンバスチー」。見た目が本当に山のようです。まずはホイップクリームとプリンからいただきました。ほろ苦カラメルとアーモンドダイス、そしてホイップクリームの組み合わせが間違いのない美味しさです。プリンはバスチーの上にしっかり立って、固めで甘さは控えめ。もはやこのプリンとホイップクリームだけでスイーツが1つ完成しているようにも感じますが、このプリンやカラメルとバスチーの組み合わせが旨すぎです! 特にカラメルのほろ苦さとバスチーの相性が良すぎました。食べごたえ抜群なので、完食後は登山後のような達成感に満たされます!

ファミリーマート ダブルクリームサンド(バナナクリーム&ホイップ) ¥158(税込)

ファミリーマートの人気スイーツ「ダブルクリームサンド」の最新作。バナナクリームとホイップクリームがサンドされ、果肉入りのバナナソースがのっています。今回心奪われたのは、しっとりとした生地。バナナペーストが練りこまれていて、バナナの風味が豊かでこれだけでも十分美味しく、クリームと一緒だとさらに美味しさ倍増です。バナナ好きの方も大満足のスイーツです。

ローソン とろ〜りとろける白玉 みたらし ¥245(税込)

一見、普通のみたらし白玉だんごなのですが、よく見ると底の方になにやら白いものがあります。まずはお団子だけパクリ。白玉がもちもちで、素朴なみたらしは、なんだかホッとさせてくれます。続いて底までスプーンを入れてみました。白いものの正体はホイップカスタードムース! ちょっと意外なのですが、みたらしの甘じょっぱさとクリーミーなムースが想像以上にベストコンビなのでした。

食べて春を感じよう!

春の心地よさがあまり感じられない日々ですが、今回の新作スイーツのように食で春を感じることもできます。今は頑張り時ですが、そんな自分に甘いコンビニスイーツをご褒美にしませんか?