心機一転、ちょっとだけイメージチェンジを狙いたいのなら、まずは“眉”を工夫するのがおすすめ。特にマスクが必要な昨今は、眉の印象を変えるだけでも、ぱっと見のイメージが大きく変わることも……! そこで今回は、時短美容家の並木まきが、どんな顔タイプの女性でも使える、“狙いたい印象別のおすすめ眉メイク”をご紹介します。

1:華やかだけど親しみやすい印象を狙うなら・・・「明るさと軽さのある眉」

華やかな印象を狙いつつも、異性からの親しみやすさも意識するなら、明るさと軽さを取り入れた眉がおすすめ。

ここでのポイントは、ペンシルやリキッドはあえて使わないこと。自眉や髪色よりやや明るめのパウダーのみを使用してふわっと仕上げる眉は、華やかな表情に見せるとともに、適度な抜け感を出しやすく、親近感を与えたいシーンでのメイクにぴったりです。

仕上げの段階では、明るめにした眉が顔から浮かないよう、パウダーで描いた部分を軽くなじませるひと手間をお忘れなく。

2:知的でクールな印象を狙うなら・・・「ツヤを意識した眉」

「知的でクールなイメージの眉」と聞くと、少し細眉で黒やグレーで仕上げた“吊り上げ系の眉”が頭に浮かぶ人も多いのでは? 確かに、シャープな眉は「知的でクール」なのですが、それだけではなかなか“今年らしさ”が出ないのがデメリットです。

そこでおすすめなのが、すっきりとした印象をキープしつつも、眉にツヤ感を出すメイク。これなら、知的なクールビューティーを狙えるはずですよ。

そのために、まずはトレンド眉よりやや細めに眉を描きましょう。

その後の仕上げの段階で、クリアまたはクリアに近いブラウン系の眉マスカラを使って、エッジのきいたツヤを出してみて。

マスカラ効果で眉の毛流れが整い、上品で知的な印象を与える眉になるでしょう。

3:モテを狙うなら・・・「きちんと手をかけた王道眉」

新たな出会いを求めているタイミングなど、モテを意識したメイクを狙うなら、“王道眉”にまさる眉はないでしょう! 特に、「高嶺の花」のような印象を狙いたいときには、きちんと手をかけた印象を与える上品な眉で勝負を。

いわゆる「王道」と呼ばれている、眉頭を軽く、眉尻をやや重めに仕上げるスタイルは、手をかけるほど美人度が増しやすく、普段のメイクをランクアップさせるポイントに。

眉頭は丁寧にパウダーで整え、中央から眉尻にかけてはペンシルで1本ずつ描き足すような仕上がりを意識してみて。

ペンシルは、極細タイプを用いたほうが品のある眉を狙えるでしょう。王道眉を美しく見せるには、眉尻をぼかさず、シャープに仕上げるのがおすすめですよ。

今回ご紹介した眉メイクのコツは、丸顔や面長さんなど、どんな顔タイプでも使えるオールマイティなイメチェン術。

気になる彼に会う日などには、ちょっとしたイメチェンをメイクに取り入れ、彼をドキッとさせてみてはいかがでしょうか。

©sot/gettyimages
©Chakrapong Worathat / EyeEm/gettyimages
©liza5450/gettyimages

文・並木まき