日本アニメの黎明期を担った東映動画(現・東映アニメーション)黄金期の傑作を特集する「東映動画まつり2020 長編漫画映画のすばらしき世界」が、東京・阿佐ヶ谷のミニシアター「ユジク阿佐ヶ谷」にて1月25日よりスタートすることがわかった。



「東映動画まつり2020 長編漫画映画のすばらしき世界」で取り上げられるのは、『白蛇伝 デジタル修復版』をはじめ『少年猿飛佐助 デジタルリマスター版』、『わんぱく王子の大蛇退治 デジタルリマスター版』、『わんわん忠臣蔵 デジタルリマスター版』、『太陽の王子 ホルスの大冒険(英語字幕付き)』、『長靴をはいた猫(デジタルリマスター版)』の6作品だ。

デジタルリマスター版でより鮮やかに蘇った『わんぱく王子の大蛇退治』の上映は世界初、『少年猿飛佐助』『わんわん忠臣蔵』『長靴をはいた猫』のデジタルリマスター版の上映は東京初となる。



さらに1月26日の『わんぱく王子の大蛇退治』の上映後には、ロビーにてアニメーターの小田部羊一によるトークショーが開催される予定だ。

「東映動画まつり2020 長編漫画映画のすばらしき世界」の開催期間は1月25日から2月14日まで。1月25日から1月31日のチケットは、1月22日より販売開始となる。タイムテーブルや料金などの詳細は「ユジク阿佐ヶ谷」のWEBサイトまで。

「東映動画まつり2020 長編漫画映画のすばらしき世界」
上映期間:1/25(土)〜2/14(金) 日替わり上映
上映作品
「白蛇伝 デジタル修復版」★短編上映あり
「少年猿飛佐助 デジタルリマスター版」★東京初上映
「わんぱく王子の大蛇退治 デジタルリマスター版」★世界初上映
「わんわん忠臣蔵 デジタルリマスター版」★東京初上映
「太陽の王子 ホルスの大冒険 (英語字幕付き)」
「長靴をはいた猫 (デジタルリマスター版)」★東京初上映