山賀博之監督のもと、貞本義行がキャラクターデザインを手掛けた世界初の4Kショートアニメ『砂ノ灯』が、AbemaTV内「Abemaアニメチャンネル」にて1月17日深夜1時より日本国内独占で先行配信される。



『砂ノ灯』は、山賀監督のもと貞本がキャラクターデザインを手掛け、2017年開催の「コンテンツ東京 2017」でプレミア上映、2019年開催の「AFA シンガポール 2019」でアジア初公開された世界初の4Kショートアニメだ。
山賀監督と貞本のほか、『アニマトリックス』などで知られる竹内宏彰もプロデュースの立場で参加しており、手描きフル4K画像と5.1chのサウンドで繰り広げるファンタジーショートアニメとして世界中から大きな注目を集めた。



日本国内では「AbemaTV」独占となる『砂ノ灯』(通常画質版)の先行配信は、AbemaTV内「Abemaアニメチャンネル」にて1月17日25時よりスタート。
Gainax(現スタジオガイナ)のトップクリエイターが手掛けるファンタジーショートアニメを国内で楽しめる貴重な機会を見逃さないようにしたい。

■「Abema アニメチャンネル」/『砂ノ灯』(通常画質版)日本国内独占先行配信
配信日時:2020 年 1 月 17 日(金)深夜 1 時〜
配信チャンネル:Abema アニメチャンネル
(C)GAINAX / TAKE-Y