国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」(2020年3月13日〜16日開催)より、「おやこ映画館」「YOUNG POWER 2020」「インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2019セレクション」「シンポジウム」といった無料で楽しめるプログラムの詳細が発表された。

「おやこ映画館」は、子どもに見せたい日本国内外のアニメーション作品を無料上映するものだ。
上映されるのは『万能野菜ニンニンマン』『ぷかぷかジュジュ』『げんばのじょう-玄蕃之丞-』『リトルマラバ』『キャプテン・バル』『ブレイゼン』『Hello WeGo!』『アキの奏で』というラインナップ。会場の「区民ひろば南池袋」は靴を脱いでの鑑賞やおしゃべりが可能な空間となるため、親子でリラックスしてアニメーションを楽しめる。



「YOUNG POWER 2020」では、次世代のアニメーション業界を担う若手クリエイターの作品として、多摩美術大学、東京藝術大学、東京工芸大学、東京造形大学の学生によるアニメを上映していく。
本年の講評を担当するゲスト講師は、ディズニーアニメーション『アラジン』でジーニーのアニメーターを務めたラウル・ガルシアと、スタジオジブリで数々の作品の原画および作画監督を務めた稲村武志だ。



「インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル 2019 セレクション」は、アニメーションを専門的に学べる学校の推薦作品を一同に集めた日本で最初の本格的なアニメーション映画祭「ICAF」より、2019年に参加した作品の中から実行委員会が推薦した作品を集めたプログラムとなる。
上映作品には『ある時間』『USUAL DAY』『world.execute(me);』『僕を待ってる』『I SEE YOU』『to bee continued うめぼしパトロール』『くじらの湯』『LOCOMOTOR』『四月』『SPACE』『アスパラガス人間になった日。 ほぼ完全に空洞になった都市』が名を連ねた。



「シンポジウム」では、アニメーションの“今”を探って実情を見つめ直し、“これから”のアニメーション、アニメーターやスタッフ、業界、 組織の在り方などを語り合うべく、「これからのアニメーション〜ストップ・モーションの可能性〜」「明るい未来を見るために アニメーション業界の将来展望1〜デジタル化で何を変えようとするのか〜」「明るい未来を見るために アニメーション業界の将来展望2〜デジタル化に伴う現場環境と労働環境の変化〜」などが企画された。
いずれも日本国内外の第一線で活躍するクリエイターやプロデューサーが登壇し、ホンネで熱く語り合う予定だ。

「TAAF2020」は2020年3月13日〜16日、東京・池袋の池袋シネマ・ロサほかにて開催予定。各プログラムへの参加申し込みは公式サイトまで。

「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」
■日程:2020年3月13日(金)〜16日(月)
■会場:池袋シネマ・ロサ、池袋HUMAXシネマズ、グランドシネマサンシャイン
    シネ・リーブル池袋、新文芸坐、区民ひろば南池袋、
    サンシャインシティ噴水広場、サンシャイン水族館、
    豊島区庁舎、Hareza池袋、WACCA 池袋 ほか
■主催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会
■共催:東京都
■特別協賛:豊島区
■事務局:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会事務局(一般社団法人日本動画協会内)

[アニメ!アニメ!ビズ/animeanime.bizより転載記事]