2020年に劇場公開も決定している『鬼滅の刃』の情報番組「鬼殺隊報」特別版が、3月22日に行われた「アニプレックス48時間TV」内で放送。

2020年配信予定のアプリゲーム『鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル』と、2021年発売予定の家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』の初公開となる映像が流れた。

本作は、「週刊少年ジャンプ」にて連載中の吾峠呼世晴による、シリーズ累計発行部数1,400万部を突破した同名人気漫画が原作。2019年9月末にTVシリーズの最終話「新たなる任務」が放送され、“竈門炭治郎 立志編”の物語が幕を閉じ、さらに新たな展開として劇場版制作の発表がされていた。

この日行われた情報番組には、我妻善逸役の下野紘と、竈門爾豆子役の鬼頭明里が出演。


番組内では、先日発表されたばかりの二大ゲーム化プロジェクトについての情報が続々と公開。
“非対称対戦型サバイバルアクション”のスマートフォン向けアプリゲーム『鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル』は、プレイヤーが鬼殺隊と鬼の陣営に分かれて戦う非対称型のマルチプレイゲーム。

鬼殺隊は味方の隊士と協力しながら、鬼の滅殺を目指す。そして、鬼殺隊の前に立ちはだかる鬼は鬼殺隊の殲滅を狙う。作中の世界観を再現したマップ上で、キャラクターたちが持つスキルや技を武器に、“鬼狩り”vs“人喰い鬼”の死闘が繰り広げられる。

また、PS4向けタイトル『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』では、家族を殺された仇を討つため、そして鬼に変えられてしまったたった一人の妹・禰豆子を人に戻すために、鬼殺隊剣士・竈門炭治郎となり、人々に襲い掛かる鬼を討つ“鬼殺対戦アクション”が展開する。

さらにこの日、TVアニメ『鬼滅の刃』初の大型イベント「鬼滅の宴」のBlu-ray&DVD化が決定。作品の世界観を彩るキャストたちが集結し、オリジナル朗読劇と生アフレコによる一夜の物語が展開される本イベント。多くの来場者・ファンからの「もう一度観たい!」という声に応えて、映像化に至ったという。

さらに、TVアニメ『鬼滅の刃』オーケストラコンサート〜鬼滅の奏〜のイベントロゴとキービジュアルと、S席特典グッズ「キャラクターピンバッチ」のイラストも公開も公開。
イベントでは、アニメを彩った数々の劇中音楽を、迫力のオーケストラ生演奏で、スクリーンに映し出されるアニメ映像と共に楽しめる。5月5日(火・祝)の東京公演を皮切りに、広島、大阪、札幌、仙台、福岡、名古屋の 全国7都市で開催。只今、チケットオフィシャル先行、uP!!!先行受付中となっているので、ぜひチェックしていただきたい。



そして、2020年に公開予定の劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の新情報発表スペシャル放送も決定。4月10日(金)22時30分より、amebaTVにて配信され、新規ビジュアル、最新映像も公開予定だ。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
2020年公開

スタッフ
原作:吾峠呼世晴(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン:松島 晃
アニメーション制作:ufotable

キャスト
竈門炭治郎(かまど・たんじろう):花江夏樹
竈門爾豆子(かまど・ねずこ)※:鬼頭明里
我妻善逸(あがつま・ぜんいつ):下野紘
嘴平伊之助(はしびら・いのすけ):松岡禎丞
煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう):日野聡

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable