6月29日は木村昴さんのお誕生日です。



木村昴さんは2005年に『ドラえもん』のジャイアン役で声優デビュー。2020年は『「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」Rhyme Anima』や『アクダマドライブ』などのタイトルに出演予定です。

そこで木村昴さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなキャラクターは?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。6月15日から6月22日までのアンケート期間中に118人から回答を得ました。
男女比は男性約35パーセント、女性約65パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約50パーセント、20代が約25パーセントと若年層が中心でした。


■『ヒプマイ』山田一郎がトップ 洋画の吹き替え役もランクイン!
第1位
1位は『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』の山田一郎。支持率は約22パーセントでした。



Buster Bros!!!のリーダーである山田一郎には「木村さんのラップが聞けるのはもちろん、山田一郎の性格も木村さんの兄貴分らしいところが出ています」や「優しくて兄弟思いだけど、バトルでは本気で挑むところがカッコイイ」など、面倒見の良い性格が人気です。
「昴さんがラップを楽しそうにしている姿がファンとして嬉しい」や「木村さんから感じるラップ愛がすごい!」とそのラップスキルも聴く者を魅了します。2020年にTVアニメ化を控える話題作の人気キャラが2年連続首位となりました。

第2位
2位は『ドラえもん』のジャイアン。支持率は約20パーセントで、昨年の4位からランクアップしました。



「いつもはのび太をイジメているけれど、映画では頼り甲斐のあるガキ大将だから」や「なんだかんだ言って、のび太をきちんと遊びに誘ってくれるところが好き」と時折見せる優しさが印象的。「ジャイアンを演じて15年。どんどんジャイアンらしさが増していったと思います」といったコメントも届いています。
木村さんが中学生の頃から演じている国民的キャラが上位に食い込みました。

第3位
3位は『ハイキュー!!』の天童覚。昨年から一つ順位を下げました。



白鳥沢学園高校3年の天童覚には「木村さんのことは以前から知っていましたが、天童を見て“こういう感じの芝居もいけるのか!”と思いました。あの性格といい喋り方といい、本当にピッタリ」や「癖の強いキャラを見事に演じている!」とカオスなキャラクターを演じています。
「“バキバキに〜♪ 折れっ 何をっ? 心〜をだよ〜♪”の歌がとても好きだから」と試合中に変な歌を披露したことでも強烈なインパクトを残しています。

■そのほかのコメントを紹介!!
『アイドリッシュセブン』狗丸トウマには「ワルっぽさを全開で出してくるけど、隠せていない人の良さが出ているところが愛おしい。彼が所属するZOOLは3部からの登場なので、いつかアニメで観たいです」。


『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』ペッシには「序盤の気弱なマンモーニから、吹っ切れて貫禄ついたギャップの演技が印象的です」。
『輪るピングドラム』高倉冠葉には「何でもかんでも一人で抱えちゃうバカな兄貴なところが好き」や「切ない演技に毎話涙しながら観ていました。これぞ木村昴!」。

『キングスマン』エグジーには「やんちゃでカッコよく愛嬌があるキャラクターの吹き替えが見事にハマっていて好きになりました。エグジー役のタロン・エガートンの吹き替えを担当することが多くなったことも嬉しい」と洋画にも投票がありました。

今回のアンケートでは男気あふれるキャラクターから、コミカルな役柄まで幅広い登場人物がランクイン。トップの山田一郎や『Bラッパーズ ストリート』のヨーヘイのように、ラップを披露するキャラも目立っているのが、木村さんらしい結果となっています。



■ランキングトップ5
[木村昴さんが演じた中で一番好きなキャラクターは? 2020年版]
1位 山田一郎 『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』
2位 剛田武(ジャイアン) 『ドラえもん』
3位 天童覚 『ハイキュー!!』
4位 狗丸トウマ 『アイドリッシュセブン』
5位 寺坂竜馬 『暗殺教室』

(回答期間:2020年6月15日〜6月22日)


※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。


■全体ランキング
[木村昴さんが演じた中で一番好きなキャラクターは? 2020年版]
1位 山田一郎 『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』
2位 剛田武(ジャイアン) 『ドラえもん』
3位 天童覚 『ハイキュー!!』
4位 狗丸トウマ 『アイドリッシュセブン』
5位 寺坂竜馬 『暗殺教室』
6位 ヨーヘイ 『Bラッパーズ ストリート』
7位 高倉冠葉 『輪るピングドラム』
8位 ゲイリー・“エグジー”・アンウィン 『キングスマン』
8位 ペッシ 『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』
10位 南那城メィジ 『Dance with Devils』
11位 サム 『ディズニー ツイステッドワンダーランド』
11位 スペンサー・モールバラ 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
11位 平家将臣 『CODE:BREAKER』
11位 バジャークロップス 『マオマオ ピュアハートのヒーロー』

(回答期間:2020年6月15日〜6月22日)