アニメ『ドロヘドロ』と時計メーカー「セイコー」の初コラボが決定。「プレミアムバンダイ」にて予約受付中だ。



本商品「ドロヘドロ×SEIKOリミテッドエディションウォッチ」は、林田球原作のダークファンタジー『ドロヘドロ』のアニメ化を記念して生まれたアイテムである。



強烈なインパクトを放つダイヤルには、主人公・カイマンの代名詞であるトカゲ頭をモチーフにしたウロコ模様を施し、さらにカイマンの“マスク”やナイフの“柄”など様々な要素をデザイン。
印象的なダイヤルをより際立させるよう、針やインデックスは“混沌”な世界観に合わせたダークグレーに仕上げ、さらに夜間は視認性を確保するため光る仕様に。



また、本コラボレーションモデルでは裏蓋裏中央に、カイマンがよく通う食堂「空腹虫(ハングリーバグ)」をモチーフにしたギョーザマーク、ニカイドウが作る餃子から生まれた妖精“ギョーザ男”をデザインし、シリアルナンバーも表記。
そして本アイテムのBOXも、全体にウロコ模様のエンボス加工が施され、カイマンの皮膚の不気味さを感じさせる一品となった。



「ドロヘドロ×SEIKOリミテッドエディションウォッチ」の価格は44,000円(税込/送料・手数料別途)。「プレミアムバンダイ」にて予約を受け付けており、商品の発送は2020年11月を予定。

(C)2020 林田球・小学館/ドロヘドロ製作委員会